なろう作家の文章能力wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 【国語偏差値3】 [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:33:55.98ID:K2eIgKETM
醜悪な化物の口が大きく裂ける。
奥にはちらりと闇く、紅く輝く炎が見えた。
その喉から這い出たモノは今までどれだけの悲劇を巻き起こしてきたのか。
口元に歓喜を浮かべ、奴は息を大きく吸い込み、そして死を告げる炎を吐き出した。
死神の腕が仲間たちを抱きしめんと迫る。
運命と言うものがあるのなら、そんなもの捨て去りたい。
しかし現実は残酷だった。
運命から逃れることは叶わず、死の抱擁を受け--彼らは灰と変わった。

2風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:34:35.63ID:ywb+obNud
言うほどひどいか?

3風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:35:18.36ID:Nwkeqqlu0
闇くってなに?

4風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:35:44.70ID:K2eIgKETM
――特撮物が好きだった。
昔よく父親に映画館に連れて行ってもらったっけ。
大迫力の大画面に、身体の芯にまで響く重低音。臨場感ある大パノラマにわくわくしていたのが懐かしい。
ビルが立ち並ぶ都市に迫りくる黒くてゴツゴツしたトカゲのような大怪獣――ゴジラは、辺りを焼き尽くすように放射熱線を口から放つ。
眼前に繰り広げられるドラゴンのブレスに、ふと、そんなことを思い出しながら、現実に相まみえたことに感動するよりも先に、僕の足は悲鳴を上げて逃げ出していた。

5風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:35:44.72ID:dg9M08zhM
>>3
くらく

6風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:36:03.05ID:cxdqshVwd
よく考えたなあ って感

7風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:36:26.32ID:K2eIgKETM
>>4
これひどいな
「焼き尽くすように」じゃなくて実際焼き尽くしてるだろ

8風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:36:49.60ID:K2eIgKETM
頑張ってこねくりまわした結果下手くそで笑う
まあ中二病よね

9風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:36:56.84ID:c0gYsxGT0
J民に比べたらマシすぎる

10風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:37:01.44ID:K2eIgKETM
俺「ドラゴンは突如おおきく息を吸って炎を吐き出した!」

11風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:37:02.06ID:hJT2ZHUk0
正直普通に読めるゾ
目も当てられないのなんてなろうでもそうそう無いゾ

12風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:37:07.27ID:T9xPSFFIa
運命と言うものがあるのならは別にいらんな

13風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:37:15.97ID:K2eIgKETM
>>10
これぞドラクエ
最高にわかりやすい

14風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:37:47.16ID:K2eIgKETM
なんでこいつらはいつもピンチになるとふと思い出すんだよ

15風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:37:47.82ID:CUWdFqe/d
きしめん

16風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:38:11.11ID:ywb+obNud
>>10
これがいいって奴は小説書こうなんて思わんやろ

17風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:38:47.71ID:XFH6GFNn0
>>2
歓喜の笑み(表情)を浮かべるならわかるけど歓喜を浮かべるってなんやねんとか
二行目のくが三回使われてる辺りとか、
運命捨てたい、っていっとるのに後ろでは逃げたいになってたりとか

18風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:38:54.33ID:K2eIgKETM

19風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:39:12.78ID:jd0jCdkn0
>>1
俺が書き直すからおとすな

20風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:40:01.30ID:doHV0lEg0
ゾット帝国?

21風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:40:23.13ID:K2eIgKETM
「こうなったら… はあぁあぁぁぁぁ…!!」
(なんだぁ!? また技を開発したのかぁ!?)
リアはよく技を開発する。
ほとんどがロナに破られてしまうが。
「行くよ…!」
(やっぱり!?)
リアが走る。
「乱れ咲き・伍式ぃ!!!」
(乱れ咲きシリーズで来たか…。)
上段がくる。
(でも、おとりか…。)
その通りだった。
実際、狙ってきたのは籠手だった。
つづいて下段、下段、上段、下段、中段、中段、とおとりを交えて来る。
それをロナはかわす。
「まだまだぁっ!」
(まだあるのかぁっ!?)
「槍撃破・改!!」
激しい突きの応酬がロナを襲う。
(槍撃破かよ…!)

ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンッ!
「ちっ!」
シュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュッ!
「うわっ!」
ヒュッ!
「オォッ!?」
シュッ!

22風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:41:03.88ID:K2eIgKETM
>>21
忍者対忍者定期

23風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:41:19.59ID:/n4nDE040
ここで馬鹿にしてる連中はそもそも作品一つも書き上げられへんし、書き上げたとしてもここと大差ないかここ以下の文章やろ

24風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:41:46.37ID:dHsZIMc1r
まともに読めるならまだましだろ

25風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:41:49.67ID:fzi/DrSld
それそれそれっ!えいえいえいっ!みたいなのすき

26風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:41:50.29ID:ywb+obNud
>>17
推敲しないならまぁこんなもんやろ
ワイもレスバの最中とか文章無茶苦茶になるし

27風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:42:24.70ID:6uSfP13L0
>>1
死神比喩に入って急に読みづらく分かりにくくなった
普通に炎を描写してほしい

28風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:42:54.77ID:GltbwUAp0
こねくり回した結果、逆に伝わりにくい文章になって、テンポも悪くしてるんだよな。

29風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:43:04.77ID:rt/SsBNx0
別に金貰ってるわけでもないんやからええやろ

30風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:43:06.35ID:toqsca6d0
>>21
スレイヤーズ酷すぎて草
設定とプロットはともかくとして文章はsyamuレベルやろ

31風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:43:07.83ID:XFH6GFNn0
>>26
てにをはがめちゃくちゃになるのはありがちやね
イッチなんてアフィリエイトほしさに錯乱して一人で会話しとるしな

32風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:43:12.37ID:K2eIgKETM
>>23
めちゃくちゃ淫靡な官能小説書けるんだよなあ…
早稲田だし

33風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:43:51.45ID:07zRKhll0
よくある黒歴史って感じ

34風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:43:56.80ID:/n4nDE040
>>32
書いてどうぞ

35風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:44:25.98ID:CUWdFqe/d
夏目漱石とか読んだら独特かつ秀逸な言い回しでさえすんなりと頭の中に入ってくるからな
ほんま天才やと思う

36風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:44:39.89ID:K2eIgKETM
>>34
時間ないから途中や

37風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:45:12.01ID:ON9XsCCFa
大型肉食恐竜型ハンター

38風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:45:25.44ID:K2eIgKETM
彼らの小説には非凡なものを感じる。
凡人はこんな稚拙な文章は書かない。

39風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:45:30.81ID:IO7D70Nd0
文章書くのに慣れてないから変にこねくり回して変になってるな

40風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:45:43.01ID:ywb+obNud
もっとよっこらフォックス並みにネタになる文章持ってこいや

41風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:46:05.43ID:/n4nDE040
>>36
途中でもええでどうぞ

42風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:47:08.20ID:Xxk8L49D0
思ったより酷くなかったけど助長すぎて全編これなら読めへんわ

43大橋 ◆CAEU.QT/o6 2017/09/07(木) 05:47:18.08ID:/lBkOK4x0
ラノベも変わらないんだよなあ

44風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:47:20.40ID:diYvkZ0Dd
ちょっと待って!マサツグ様がないやん!
マサツグ様が見たいからこのスレ開いたの!

45風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:47:22.86ID:jd0jCdkn0
醜悪な化物の口が大きく裂けた。
その喉奥に、黒紅色の輝く炎が見えた。

一体どれほどの悲劇を巻き起こしてきたのか。
歓喜の表情を浮かべた後、大きく息を吸い込み、その、悲劇、死を告げる炎を吐き出した。

迫る、死神の腕。迫る。仲間たちを抱き潰そうと。

もしも、もしも運命というものがあるならば、捨て去りたい。
しかし現実は残酷だった。
それから逃れることはできず、死の抱擁を受け・・・彼らは灰と化した。

46風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:47:29.81ID:AE275fWj0
>>1の文は

ドラゴンは大きく息を吸い込み激しい炎を吐いた!
仲間たちは死んでしまった!

ってことでしょ?
二行で済むやん

47風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:47:46.39ID:jd0jCdkn0
>>45
>>1
かきなおしたよ

48風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:47:55.05ID:hJT2ZHUk0
サンタクロースをいつまで信じていたかなんてことはたわいもない世間話にもならないくらいのどうでもいいような話だが、
それでも俺がいつまでサンタなどという想像上の赤服じーさんを信じていたかというとこれは確信を持って言えるが最初から信じてなどいなかった。

幼稚園のクリスマスイベントに現れたサンタは偽サンタだと理解していたし、
記憶をたどると周囲にいた園児たちもあれが本物だとは想っていないような目つきでサンタのコスプレをした園長先生を眺めていたように思う。

そんなこんなでオフクロがサンタにキスをしているところを目撃したわけでもないのにクリスマスにしか仕事をしないジジイの存在を疑っていた賢しい俺なのだが、
宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力者や悪の組織やそれらと戦うアニメ的特撮的マンガ的ヒーローたちがこの世に存在しないのだということに気付いたのは
相当後になってからだった。

やっぱ天才やわ

49風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:47:57.08ID:rt/SsBNx0
>>46
そんな文章かいたらもっと馬鹿にするやろ

50風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:47:58.36ID:pSDUMBdx0
今まで意識したことなかったけど一般で売れてる宮部みゆきとかって相当上手かったんやな
たった1レス分なのに読んでる最中に何回も目が戻ってしまう

51風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:48:01.99ID:WVYrq4fQ0
「運命と言うものがあるのなら、」←おっ、なんかかっこいい言い回しがきそうやな「そんなもの捨て去りたい。」←ええ…

52風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:48:45.99ID:QYEEH0jd0
どうせ実は有名作家が書いたやつでしたーwとか言ってワイを騙そうとしてるんやろ

53風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:48:52.62ID:5nunONYfp
>>45
下手くそすぎて草

54風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:48:58.08ID:K2eIgKETM
>>41
ネットに投下したら投稿できんくなるやろ

55風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:49:07.30ID:4LNQ1tn60
普通にええやん

56風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:49:30.86ID:K2eIgKETM
>>48
なお

57風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:49:35.60ID:jd0jCdkn0
>>53
もとがアレだから

58風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:49:50.32ID:c0gYsxGT0
まぁ文章なんて誰の文でもつっこもうと思えばいくらでもつっこめるからな

59風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:49:56.97ID:ZYQpZbPFa
DZは頭上を見上げた。空は縦横に走る鉄条網ドームに遮られ、まだらの光が射し込むばかりだ。
「ボク、独りで住んでいるのかい」「……」子供はやや躊躇い、そののち、首を横に振った。
「隠れてる。危ないから」「パパやママと?」「皆んな」「そうか。僕ら、アイサツできるかな」「……うん」

60風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:50:02.07ID:ywb+obNud
>>50
宮部みゆきは有能やで
元書記の推理小説作家だから、なるべく伝えるべき事実を順序だてて分かりやすく伝えるような癖があるってエッセイで書いてたゾ

61風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:50:07.69ID:Fy+yr4WR0
ググっても元の作品が出てこない

62風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:50:29.17ID:v+0SS89K0
太宰かなんかの一節馬鹿にしてるレスってあれなんやっけ

63風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:50:40.58ID:pSDUMBdx0
>>57
元の方が百倍ええわ

64風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:51:21.46ID:IO7D70Nd0
>>58
川端康成も名前隠して出されたら突っ込まれるからな

65風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:51:21.75ID:pXFU3gCDd
>>45
>>1
みてもわからんかったが少しだけ情景が浮かんだ

66風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:51:25.41ID:4LNQ1tn60
>>63
一理ある

67風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:51:46.78ID:diYvkZ0Dd
「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」

サンキュー春樹

68風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:52:22.09ID:SBkIfRJt0
口元に笑みを浮かべでええやろ
なんでわざわざ微妙な表現にしたがるのか

69風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:52:43.70ID:qkn3P4uQd
>>1
難しい言葉ならべたいだけじゃ?

70風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:53:06.65ID:/n4nDE040
>>54
そういうもんか?細かいことはわからんのや

でも出さへんねんやったらワイの言ったことの反証にはならんで
まあそれがなんやねんって話やけど

71風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:53:24.25ID:w0i4yKgdp
例え使い過ぎる文章は糞

72風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:53:35.34ID:XFH6GFNn0
醜悪な化物の服が大きく裂ける。
わずかに残った布の隙間から、今にもはち切れんばかりの、紅く猛ったナニが見えた。
その瞬間、ワイは思わず唾を飲み込んでしまったんや。今までどれだけの男に劣情を催させてきたのか。
口元に歓喜を浮かべ、ワイは息を大きく吸い込み、己の尻を

73風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:53:38.68ID:CUWdFqe/d
炎の同型反復を避けるために用いるのが"その喉から這い出たモノ"っていうのがダサすぎる

74風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:53:57.09ID:/n4nDE040
>>45
読点多ない?

75風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:54:09.76ID:HGSskgQJp
嘘のように多い星は、見上げていると虚しい速さで落ちつつあると思われるほど、あざやかに浮き出ていた。
星の群が目へ近づいて来るにつれて、空はいよいよ遠く夜の色を深めた。

76風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:54:11.65ID:6uSfP13L0
嘘のように多い星は、見上げていると虚しい速さで落ちつつあると思われるほど、
あざやかに浮き出ていた。
星の群が目へ近づいて来るにつれて、空はいよいよ遠く夜の色を深めた。

77風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:54:15.89ID:XFH6GFNn0
飽きた

78風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:54:34.99ID:6uSfP13L0
>>75
結婚してください

79風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:54:39.52ID:K2eIgKETM
とりあえず4000字が1作、6000字が1作、どちらも書きかけであるわ

80風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:54:53.17ID:jd0jCdkn0
>>74
コピペしながらやってたから
区切りのために売ってたのがのこったりコピペミスしてるとこもあるかも

元々句読点は多くうつタイプだけど
文節毎に

81風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:54:54.15ID:ltMJDIF70
これは今俺のクラスで流行っているゲームだ。俺をボコボコにし、一番泣き叫ばせた奴が勝ちらしい。

他にも流行のゲームがある。
まず複数人が順番に俺に金を要求してくる。その時の合言葉が「金額はバラバラにしろよ」だ。
この言葉に逆らえば殺される。なので俺は全員に違う額の金を渡す。
すると少ない金額を受け取ったやつは「なんであいつより俺の方が少ないんだよ!」といって俺を殴ってくるのだ。
奴らは金額の大小で俺の忠誠度とやらを判断し競っているらしい。全くくだらない奴らだ。

さらに奴らは俺に『ミッション』というのを課してくる。
『ミッション』とは奴らが俺にしてくる様々な命令のことだ。詳しくは書かないが俺はそれにより様々な奇行をさせられた。奴らはそれを見て楽しむのだ。
そして恐ろしいのが定番の『ミッション』の一つである、他のいじめっ子に悪口を言えというものだ。
俺が悪口を言えばそいつにボコボコにされ、言わなければ命令した奴にボコボコにされた。奴らは本当に最低のクズどもだ。

山下や田中は友人のままだったが、俺が『ミッション』によりあいつらを殴ったり悪口を言ったりしたため気まずくなってしまった。

82風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:54:57.86ID:c0gYsxGT0
喜色を滲ませ、の方が相手としてはええけどな
歓喜とかイメージが明るすぎるのが問題

83風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:55:18.58ID:K2eIgKETM
>>67
くっだらな

84風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:55:19.37ID:ywb+obNud
どっかのブログで見たんやけど、ネットスラング多用してると、自分の言葉で物事を表現する必要がなくなるから文章力落ちるらしいで
J民も気を付けてな

85風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:55:29.99ID:ywb+obNud
>>79
とりあえず貼れや

86風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:55:48.09ID:zPY0v4mk0
「全軍撃てー」

バーン、バーン、バーン

孫一の合図により、各鉄砲隊より一斉に発報が開始された。
前衛である大高、五十目陣の武将たちは次々に倒れていく、伊達陣へも安東勢から発砲があったが、あまりにも静かな発砲であった。

「あー、痛い」

「いてー」

「肩を打ち抜かれた」

安東勢より、阿鼻叫喚があがった。

87風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:55:49.01ID:v+0SS89K0
>>67
日本一成功したラノベ作家

88風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:56:24.09ID:ywb+obNud
>>81
よく思い付きましたね…(小声)

89風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:56:26.16ID:Jyix11map
>>45
途中からカイジみたいで草

90風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:56:36.83ID:K2eIgKETM
>>85
こんなゴミ溜めに貼るわけないやろクソガイジ

91風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:57:08.49ID:/n4nDE040
>>84
そらそうよ
ネットスラングに限らず閉鎖的なコミュニティに参加し続けたら文章力なんか死んでまうやろ

92風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:57:29.95ID:i+ln7Yfh0
賢者の孫の漫画ここまで全部読んだわ
きつかった

93風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:57:40.33ID:c0gYsxGT0
プロにもなってないやつがイキってて草

94風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:58:04.25ID:p/Sx+9KM0
なろうでも読みにくいのは論外やろ

95風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:59:15.90ID:kCrL2YN60
「南無三、寝過ごしたか」
メロスの行方は、誰も知らない。

96風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:59:32.98ID:jd0jCdkn0
>>81
俺をボコボコにして一番大声で泣き叫ばせることができた奴が勝ち。
これが今、クラスで流行っているゲームだ。

97風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:59:35.23ID:ywb+obNud
>>90
さっさと書いたゴミ貼れやゴミ製造機

98風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 05:59:49.93ID:a8pcJQaP0
>>86
マシンガン発砲

99風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:00:11.24ID:K2eIgKETM
>>97
消えろ低学歴

100風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:00:36.75ID:5nunONYfp
>>80
無駄な体言止めと倒置が死ぬほど読みにくい
少なくともなろう作家は最低限読める程度の文章書いてたんやなと気付かされたわ

101風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:00:47.50ID:jMlwsc/x0
大型
中型
大型

102風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:01:32.04ID:ywb+obNud
>>91
誰とも話さないのとどっちが文章力落ちないんですかね…?

103風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:01:45.74ID:jd0jCdkn0
>>100
単語や言い回しから中2的な文章にしたいのかと思って

104風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:02:02.91ID:hCTxRgU90
>>90
ゴミ溜めにいるお前が言うのか…

105風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:02:28.54ID:5nunONYfp
>>103
下手くその言い訳はもうええで

106風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:02:49.68ID:jd0jCdkn0
>>100
逆に俺は
>>1
は読めないや

107風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:03:08.23ID:z0UAyzug0
素人やし当然やろ
イッチはマサツグ様とかが叩かれてて勘違いしたアフィチルやろなあ

108風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:03:25.12ID:nKlrCsbb0
現代文は出来る
他の教科もちょっとやったら出来るようになる
この設定のなろう作家の多さは異常

109風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:04:00.27ID:uc9fHGjup
ベイスターズナインは怪しい者を見る目つきで俺を睨んでいる。
佐伯が怪訝そうな顔をして尋ねた。
「前進守備…?なんだそれは。確かにあのとき、いつもより守備位置を前にするようには言われていたが。」

俺は唖然とした。
「なんと…前進守備を知らないのか。
いいか、9回同点で1死満塁。ここは何としても抑えきらなければならないという場面だな。
ここでゴロ性の打球が一塁へ向かった。こうだったな。」

「そうだ。そして当然俺は一番近いアウトを取るために一塁ベースを踏んだ。」

なんと、これでも野球ができるのか。だが無理もない。
何せここは勝利という一般的には何よりも優先される目標を完全に度外視し、
究極のエンターテインメント性のみを追求してきた、『ベイス・ボール』の世界なのだ。

「ちょっと待ってほしい。一塁へ向かいたい気持ちもわかる、しかしだ。
ここで捕ったボールを一塁ではなく、ホームへ投げたとしたらどうなる?」
俺がこう問うと、一瞬、周りの空気が止まった。

その数秒後、辺りは感嘆の声に包まれた。

「なんてことだ!本塁に投げれば相手に点をやることなくアウトを取れるじゃないか!」
「おい、それにフォースアウトを取った後、バッターランナーをアウトにすることもできるぞ!凄いなこれは!」
「そうか!守備位置をいつもより前に置いたのも、本塁のアウトを取りやすくするためだったんだな!」

110風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:04:00.68ID:jd0jCdkn0
>>105
はなから下手くそに意見すんなよ

111風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:04:16.28ID:tED/Snkd0
悦子はその日、阪急百貨店で半毛の靴下を二足買った。紺のを一足。茶いろを一足。質素な無地の靴下である。
 大阪へ出て来ても、阪急終点の百貨店で買物をすませて、そこから踵(きびす)を返して。また電車に乗ってかえるだけである。
映画も見ない。食事はおろか、お茶を喫(の)むでもない。街の雑沓ほど悦子のきらいなものはなかったのである。
もし行こうとおもえば、梅田駅の階段を地下へ降りて、地下鉄で心斎橋や道頓堀へ出るのは造作もなかった。
又もし一歩百貨店を出て交叉点を横切れば、そこはすでに大都会の波打際であり、殷賑(いんしん)をきわめた潮(うしお)は押し迫り、路傍には靴磨きの少年たちが、磨かせてよォ磨かせてよォと連呼していた。

112風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:04:19.77ID:kCrL2YN60
この度はこんな私を選んでくれてどうもありがとう。
ご使用の前にこの取扱説明書をよく読んでずっと正しく優しく扱ってね。
一点物につき返品交換は受け付けません。ご了承ください。
急に不機嫌になることがあります。
理由を聞いても
答えないくせに放っとくと怒ります。
いつもごめんね。 「男同士でこんなこともう無理っす」 って泣きながら言ったよなゴツイお前を胸に抱いて めいっぱい お前の頭 撫でてやった 最後の夜
その後だったよ 最初聞いたときびっくりした お前が親父 になるって
お前を忘れようと わけもなくいろんな奴とやったけどやっぱお前が一番だった
お前のケツ お前のチンポ お前の毛深カラダ そして可愛い笑顔
全部 俺のものだ 今でも いつまでも
俺は待ってる いつまでも お前のいないこの部屋で

113風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:05:03.19ID:UVhoTeE00
読みにくいスレやな

114風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:05:05.87ID:79hFFQTJ0
醜悪なる怪物の顔が大きく裂ける。
その開け放たれた口の奥から、ちらりと紅い輝きが漏れるのを見た。
そこから這い出た蟠る災厄は一体どれほどの悲劇を巻き起こしてきたのだろうか。
彼奴は歓喜の笑みに口元を歪めながら、死の宣告にも似た業火の息を吐き出した。
絶望に立ち尽くす仲間の元へ、死神の腕が抱きしめんと迫る。
運命などというものが在るのなら、そんなものは捨て去ってしまいたい。
しかし運命は避けようがないからこそ運命と言うのだろう。
私の目の前で、彼らは灰燼と帰した。

115風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:05:12.33ID:26CL3T5g0
糞過ぎる
おまえたちは生まれて来なければ良かった

116風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:05:20.36ID:nKlrCsbb0
文章力より設定が痛い

117風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:05:31.27ID:IO7D70Nd0
>>111
ええやん

118風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:05:43.36ID:i+ln7Yfh0
>>111
谷崎潤一郎かこれ
読んだ事ないけど

119風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:06:04.44ID:c0gYsxGT0
叩かれるの覚悟で発表できるだけ凄いことなんやけどな

120風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:06:19.16ID:pSDUMBdx0
>>110
下手くそやから下手くそって指摘しただけや
反省して練習でもせえや

121風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:06:21.58ID:tED/Snkd0
国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
 向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」
 明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
 もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれてい た。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」

122風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:06:27.33ID:v+0SS89K0
>>81
殺されるのか…

123風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:06:28.15ID:diYvkZ0Dd
醜い化物は大きく口を開いた
薄暗いその奥には赤い炎がチラリ輝く
奴は嬉嬉として息を大きく吸い込み、そして死を告げる炎を吐き出した。
運命と言うものがあるのなら、そんなもの捨て去りたい。
しかし現実は残酷だった。
運命から逃れることは叶わず、仲間達は灰へと成り果てたのだ。

下手なりに頑張った

124風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:07:02.90ID:jMlwsc/x0
>>109
(*^◯^*)こういう土地活用の方法があるんだ

125風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:07:04.02ID:cZKnmrzn0
syamuさんでも書けそう

126風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:07:23.98ID:Eg8g623wa
なろう作家→書籍化→200万部突破→映画化(東宝)→
小栗旬、北川景子、東宝シンデレラ(浜辺)、ミスチス→興行収入30億突破


やっぱりなろうって神だわ

127風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:07:25.36ID:jd0jCdkn0
>>120
バカにはバカ我かいた文章のほうが読みやすいかもな

128風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:07:42.03ID:y5ccrcuYK
最低限の文法ってなんなんやろな
あんま拘るならエンタメ小説読んでないで新聞読んでたほうがいい気がするわ

129風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:08:01.68ID:v+0SS89K0
>>119
発表する側は評価が欲しいんじゃないんか?
酷評も評価のうちやろ

130風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:08:05.14ID:jd0jCdkn0
そもそも
>>1
の意味が半分くらいしかわからない

131風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:08:18.16ID:XFH6GFNn0
>>82
そこについてだって、そもそもなんでバケモンが喜んだってわかったんや
主人公はトカゲの表情が読み取れるエスパーなんか?


なんてあら探しレベルの批判しようとしたらいくらでもできるからネット批評は話半分位で聞くべきやね

132風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:09:24.81ID:ywb+obNud
>>128
文学的な表現いらんから分かりやすい文章でエンタメ小説書けやって思う人には推理小説おすすめやで

133風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:09:43.55ID:IO7D70Nd0
イライラしてるのおるけど下手くそは下手くそであることを自覚せないつまでも上達せんぞ

134風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:09:52.67ID:mtZ478b40
たぶんイッチよりも>>4のほうが文章力自体はありそう
これ揚げ足取れるとこがあるだけで、文章はこなれてるし

135風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:09:53.30ID:XkUzLnb00
弘前龍@電撃文庫9月新作 @ryu_hirosaki_17

たぶん一番ヤバかったのは「ラ!」的なアレの「四天王」的なアレが声優スキャンダルにテノヒラクルーして円盤破壊する的なアレ……。
書き直すよう言われたんですが、いやヲヲヲイヲー抜きに現代のオタク語れないから!そこ聖域にしないで!と突っぱねた結果、編集部の心象が最悪に……。
21:12 - 2017年9月4日

136風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:09:53.31ID:hJT2ZHUk0
化け物が醜い口を大きく開き、その奥底へ赤い輝きを充填し始めた。
虫の知らせめいた悪寒が背筋を駆け抜ける。あれはきっと、これまで多くの命を奪ってきたモノだ。
奴が口元を大きく歪ませ、息を吸い込んだ瞬間、赤色が弾け飛んだ。
魂さえ溶かすような、いっそ美しいとさえ思える紅の炎。飲み込まれた彼らは、呆気なくその命を散らしていった。
死神。そんなバカげた単語を思い出した。それほどまでにむごい光景だった。

137風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:09:54.33ID:K2eIgKETM
>>107
おい
アフィチルってなんだ?

138風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:10:00.69ID:drnFU7Hu0
昨日の8月15日にいつもの浮浪者のおっさん(60歳)と先日メールくれた汚れ好きの土方のにいちゃん
(45歳)とわし(53歳)の3人で県北にある川の土手の下で盛りあったぜ。
今日は明日が休みなんでコンビニで酒とつまみを買ってから滅多に人が来ない所なんで、
そこでしこたま酒を飲んでからやりはじめたんや。
3人でちんぽ舐めあいながら地下足袋だけになり持って来たいちぢく浣腸を3本ずつ入れあった。
しばらくしたら、けつの穴がひくひくして来るし、糞が出口を求めて腹の中でぐるぐるしている。
浮浪者のおっさんにけつの穴をなめさせながら、兄ちゃんのけつの穴を舐めてたら、
先に兄ちゃんがわしの口に糞をドバーっと出して来た。
それと同時におっさんもわしも糞を出したんや。もう顔中、糞まみれや、
3人で出した糞を手で掬いながらお互いの体にぬりあったり、
糞まみれのちんぽを舐めあって小便で浣腸したりした。ああ〜〜たまらねえぜ。
しばらくやりまくってから又浣腸をしあうともう気が狂う程気持ちええんじゃ。
浮浪者のおっさんのけつの穴にわしのちんぽを突うずるっ込んでやると
けつの穴が糞と小便でずるずるして気持ちが良い。
にいちゃんもおっさんの口にちんぽ突っ込んで腰をつかって居る。
糞まみれのおっさんのちんぽを掻きながら、思い切り射精したんや。
それからは、もうめちゃくちゃにおっさんと兄ちゃんの糞ちんぽを舐めあい、
糞を塗りあい、二回も男汁を出した。もう一度やりたいぜ。
やはり大勢で糞まみれになると最高やで。こんな、変態親父と糞あそびしないか。
ああ〜〜早く糞まみれになろうぜ。
岡山の県北であえる奴なら最高や。わしは163*90*53,おっさんは165*75*60、や
糞まみれでやりたいやつ、至急、メールくれや。
土方姿のまま浣腸して、糞だらけでやろうや。

139風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:10:01.11ID:kCrL2YN60
桜の樹の下には屍体したいが埋まっている!
これは信じていいことなんだよ。何故なぜって、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。
俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。
しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。
どうして俺が毎晩家へ帰って来る道で、俺の部屋の数ある道具のうちの、
選りに選ってちっぽけな薄っぺらいもの、安全剃刀の刃なんぞが、千里眼のように思い浮かんで来るのか
――おまえはそれがわからないと言ったが――そして俺にもやはりそれがわからないのだが
――それもこれもやっぱり同じようなことにちがいない。

140風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:10:09.31ID:XPCfcf3vd
大型肉食恐竜型ハンターは、小型獣型ハンターに振り向いて大きく口を開けて吠える。
 まるで獲物の邪魔するなと言われているようで、攻撃を止めて戸惑う小型獣型ハンター。
 小型獣型ハンターは大型肉食恐竜型のハンターに牙を向けて威嚇したり、吠えて威嚇している。
 大型肉食恐竜型ハンターはぶるぶると頭を振って小型獣型ハンターを片足で踏み潰す。
 大型肉食恐竜型ハンターに踏み潰された小型獣型ハンターは頭を上げて吠え、頭が地面に突く。
 小型獣型ハンターの紅い眼が点滅して消え、小型獣型ハンターからばちばちと火花が散っている。
 大型肉食恐竜型ハンターがオレに襲い掛かろうとしている小型獣型ハンターを銜えて放り投げ、口の中の砲口が伸びてキャノン砲で小型獣型ハンターを撃つ。
 小型獣型ハンターが空中で身体を起こすのも虚しく空中爆発する。
 大型肉食恐竜型ハンターは尻尾で小型獣型ハンターを薙ぎ払い、口の中の砲口からキャノン砲で小型獣型ハンターを撃っている。
 小型獣型ハンターが大型肉食恐竜型ハンターと戦っている。 

 オレはこの隙にディーネの元に駆け寄った。
「おいディーネ! なんとかしろ!」

141風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:10:20.51ID:tED/Snkd0
其れはまだ人々が「愚(おろか)」と云う貴い徳を持って居て、世の中が今のように激しく軋(きし)み合わない時分であった。

殿様や若旦那の長閑な顔が曇らぬように、御殿女中や華(おい)魁(らん)の笑いの種が尽きぬようにと、饒舌を売るお茶坊主だの幇間(ほうかん)だのと云う職業が、立派に存在して行けた程、世間がのんびりして居た時分であった。

女定九朗、女自雷也(じらいや)、女鳴(なり)神(かみ)、―――当時の芝居でも草双紙でもすべて美しい者は強者であり、醜い者は弱者であった。

誰も彼も挙(こぞ)って楽しからんと努めた揚句は、天稟(てんぴん)の体へ絵の具を注ぎ込む迄になった。芳列な、或は絢爛な、線と色とが其の頃の人々の飢に踊った。

馬道を通うお客は、見事な刺青のある駕籠舁(かごかき)を選んで乗った。吉原、辰巳の女も美しい刺青の男を惚れた。

博徒、鳶の者はもとより、町人から稀には侍なども入墨をした。時々両国で催される刺青会では参加者おのおの肌を叩いて、互いに奇抜な意匠を誇り合い、評しあった。

142風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:11:08.52ID:jMlwsc/x0
>>135
あたまわるそう

143風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:11:21.94ID:jd0jCdkn0
醜悪な化物の口が大きく裂ける。
奥にはちらりと闇く、紅く輝く炎が見えた。
その喉から這い出たモノは
雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。

144風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:11:22.49ID:4LNQ1tn60
>>138
ホモは文豪

145風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:11:51.20ID:jMlwsc/x0
>>138
声に出して読みたい名文

146風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:11:56.54ID:cqBoG71N0
>>138
不朽の名作

147風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:11:59.26ID:0bjkGOlG0
闇くってどういう意味?

148風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:12:01.92ID:nKlrCsbb0
>>140
syamuさんにはSFファンタジーは向いてない

149風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:12:14.54ID:c0gYsxGT0
>>129
そら発表する以上酷評より好評の方がええんちゃう?
ゼロかイチならゼロより読んでる酷評のがマシやろうけど
無料で見れる物ははなから馬鹿にするために見るやつも増えるから意味ある酷評なんかほとんどないだろうけどな

150風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:12:22.95ID:UABZ1MkH0
>>138
きたなすぎるけど文章上手くて草

151風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:12:34.24ID:30BdWtSad
>>143
おい

152風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:12:52.37ID:tED/Snkd0
 
幼時から父は、私によく、金閣のことを語った。
私の生れたのは、舞鶴から東北の、日本海へ突き出たうらさびしい岬である。
父の故郷はそこではなく、舞鶴東郊の志楽(しらく)である。懇望されて、僧籍に入り、辺鄙な岬の寺の住職になり、その地で妻をもらって、私という子を設けた。
成生岬(なりうみさき)の寺の近くには、適当な中学校がなかった。
やがて私は父母の膝下(しっか)を離れ、父の故郷の叔父の家に預けられ、そこから東舞鶴中学校へ徒歩で通った。
父の故郷は、光りのおびただしい土地であった。しかし一年のうち、十一月十二月のころには、たとえ雲一つないように見える快晴の日にも、一日に四五へんも時雨が渡った。
私の変りやすい心情は、この土地で養われたものでないかと思われる。
五月の夕方まど、学校からかえって。叔父の家の二階の勉強部屋から、むこうの小山を見る。
若葉の山腹が西日も受けて、野の只中(ただなか)に、金屏風を建てたように見える。それを見ると私は、金閣を想像した。

153風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:13:11.57ID:ywb+obNud
1.化け物は醜悪な姿
2.開けた口から炎がちらつく
3.化け物は喜んでいるように見える
4.化け物が吐いた炎で仲間は灰になった

これが多分>>1の文章で起きてる最低限のことやから、文章力に自信ニキはこれらを入れたもっと魅力的な文章作ってみてクレメンス

154風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:13:26.16ID:8MjWAxQia
ワイも異世界もの書こうと思っとるんやが
あらすじ貼ってええか?

155風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:13:26.86ID:+/euOmcW0
それらしく書けばいいと思ってる奴が多すぎる
出版の奴らもただのサラリーマンだから、なんとなく良いと思えるものを選んでオファー
どいつも馬鹿ばっか、文学のプロから見たら穴だらけの薄っぺらい創作でしかない

156風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:13:28.66ID:z0KzHP2h0
>>140
代名詞の無い世界

157風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:13:29.47ID:v+0SS89K0
>>132
それ見て思ったけど言葉をこねくり回すのが文学的っていう風潮クソすぎるわ
物語の構成とかで勝負せずに文の分かりにくさで勝負しとる感じがする

158風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:13:36.33ID:xC6JSql/0
なんかsyamuの文章にしてもそうだけど、出来事を箇条書きしているだけだよな
小説なのに心理とか感情とかそういうものが足りない気がする

159風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:13:38.26ID:jd0jCdkn0
>>153
腕でどうのこうのなかった?

160風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:14:03.91ID:cqBoG71N0
>>159
比喩表現じゃないんか?
よく分からんかったわ

161風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:14:10.69ID:UVhoTeE00
>>140
それ、とかヤツ、とか使えばいいのに

162風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:14:19.13ID:i+ln7Yfh0
>>135
本気で何言ってるか分かんない
誰か解読して

163風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:14:37.01ID:y5ccrcuYK
>>132
しゃーないメフィスト賞受賞作読んだろ!

164風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:14:52.97ID:i+ln7Yfh0
>>140
レジェンドオブレジェンド

165風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:14:56.44ID:ZqdA49ui0
>>157
物語だけ見たいなら映画とか見ときゃええんやで

166風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:14:57.37ID:qYa+h2sh0
面白かったらどうでもいいんだ🤔

167風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:14:57.99ID:IO7D70Nd0
やっぱ日本文学史上のトップ連中はなろうとレベル違うな比べるのがまずおかしいんだけども

168風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:15:09.60ID:K2eIgKETM
冷めたところで離れられないんだけど投下

うちの旦那は超スーパーミラクル方向音痴
一人で行動するともう全然ダメ
会社には通勤できるし、
プライベートは基本私と一緒なので大丈夫だけど
出張の時が一番やばい
東京出張に行ってきた旦那
まずお決まりの東京駅で迷子
方向音痴のくせにラーメン街に挑んで行きも帰りも迷子
やっとの思いで東京駅を出て、得意先の会社に向かうも
合理的にならない場所からタクシーを拾って大出費
取引先を出てホテルに向かうも、駅周辺で迷子

翌日、紙に地図をにプリントして電車の乗り方をレクチャーしたのに迷子
赤坂見附の駅で間違いに気付いて下りて
地下構内を歩いていたらいつの間にか
別の駅(永田町)に着いてパニック
諦めて地上に出てタクシー拾って大出費

夜は取引先と飲むことになり、現地集合
絶対迷子になるからと1時間早く新宿に着く
あれほど東口だと言ったのに、コントのように西口で迷子、私に電話
ルミネエストに行けと指示したのにルミネが見つからない
地図を見ろと叱っても地図を見てもわからないと半泣き
結論、ルミネの中でルミネを一生懸命探していた
国会議事堂みたいに、新宿駅を出たら
「ルミネ!」と書かれたわかりやすいビルが目の前にバーンと存在すると思ってたらしい
結局、取引先の若手社員さんに迎えに来てもらう始末

ちなみに、迷子中ずっと、道行く人々に声をかけて教えてもらってる
ここまでは平常運転で、私としては驚かない範囲

169風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:15:42.40ID:XPCfcf3vd
>>155
ほならね

170風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:15:46.93ID:MxCAI9gxd
文学とかよう分からんが梶井基次郎の檸檬だけは好き

171風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:15:48.30ID:K2eIgKETM
そんな旦那が出張から帰ってきて、ブツブツ文句を言っていた

道を聞きたいだけなのに、どいつもこいつも不親切
声かけただけで睨む女ばかり
誰もお前なんかナンパしないっつーの
ブスのくせに勘違いしやがって
「すいません」って声かけただけなのに
「彼氏いるんで無理です!」っておいおいふざけるな!
ブスに限って自己評価が高い
小綺麗な人は結構優しく教えてくれた

もうね、私ドン引き

夫婦中も良好だし、
旦那の出張のスケジュールからしてもナンパした女性と遊ぶ時間はないし
そもそもナンパとかしないタイプだし
私に内緒で勝手にバイクを買ったせいで財布も締め上げてるから
女性と飲みに行くお金もないはず
だからナンパじゃなくて純粋に道を聞いただけだと思う

「だ っ た ら 同 性 に 聞 け ば よ くな い ?」

旦那は「あ・・・」とハトマメ顔で固まってた

ナンパと勘違いされる可能性が高いのに
女性ばかりに声掛けて道を聞いて
冷たい対応されてキレてる男が自分の旦那だなんて情けないわ

172風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:15:53.86ID:kCrL2YN60
>>153
まんまシャドウゲイトやな

173風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:16:05.93ID:cqBoG71N0
やっぱり一文が短いに越したことはないと思う
やっぱり読んでて楽やし

174風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:16:14.73ID:ywb+obNud
>>159
死神の腕がってやつは死が迫ってることの比喩やない?

175風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:16:28.82ID:4LNQ1tn60
>>159
どう見ても炎の比喩やんけ
読むことすらロクに出来ないんか

176風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:16:31.80ID:UVhoTeE00
小型獣型、っていう呼び方からくどくてきつい
何とかできたろそれくらい

177風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:16:36.24ID:8MjWAxQia
あらすじ貼ってええか?

178風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:16:45.64ID:c0gYsxGT0
>>155
そもそも文学となろうやらのエンタメ一緒に考えてるやつおらんやろ

179風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:16:49.40ID:0bjkGOlG0
●メンチ速い!殺人バファロー走法に虎将仰天
●虎メンチ豪弾15発!真弓監督ダル撃ち指令
●ド迫力の虎新助っ人メンチ、併殺崩し任せろ
●乱闘任せろ!メンチ、虎の魔よけや!!
●虎将も合格点!メンチ、変化球イケるやん
●虎将安心「6番・右翼」メンチ“一発合格"
●死角なし!阪神・メンチ、安芸でも25発
●絶好調!阪神・メンチが余裕14発!
●巨体メンチが激走!ド迫力ランで一気生還
●阪神・ジェフ、メンチの活躍に太鼓判!
●ドドドドドッ虎・メンチ、走る凶器や
●虎将唸った!“猛肩"メンチが赤星殺した
●虎将不敵!007歓迎、メンチの弱点探して
●阪神・メンチ目覚めた!?2軍戦で4打数4安打1発6打点


やっぱデイリーは文才ある

180風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:16:54.85ID:jMlwsc/x0
>>161
それだと書いてる人がわからなくなるからね仕方ないね

181風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:17:04.10ID:p/Sx+9KM0
>>155
買い手も薄っぺらい連中だからセーフ

182風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:17:09.46ID:ywb+obNud
>>172
シャドウゲイト懐かしいンゴねぇ…
ホップ、ステップ、ジャンプ!かーるいす!

183風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:17:11.43ID:r7akeE0la
>>112

184風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:17:12.73ID:ezA+QMYk0
もっと酷いラノベもあるしセーフ

185風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:17:24.06ID:cZKnmrzn0
変態糞親父の糞の垢を煎じて飲んだいい方がいい

186風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:17:30.64ID:jd0jCdkn0
醜悪な化物はくさい口をあけて、
輝く炎をちらつかせた。
その恍惚の表情を見ているうちに
炎を吐いたらしく、
気がついたら俺は灰になっていた。

187風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:17:34.65ID:8MjWAxQia
平凡な高校生・天野才也はある日突然、異世界ハゲルギニアに召喚されてしまう。
才也を召喚したのは、トリスタイン魔法学院の生徒でありながら魔法の才能がまるで無い「ゼロのレイズ」こと、
レイズ・フランシワーズ・ラ・ブロン・デ・レ・ヴァリエーラだった。

人を召喚するという前代未聞の所業を笑われたレイズは、才也を犬扱いと険悪な関係から物語ははじまる。

才也の元の世界へ帰りたいという希望と、時がたつにつれて縮まっていくルイズと才人の距離、両立しないそれらの葛藤と、エルフとの対立を中心とした始祖ブリミルの因縁の2つを軸に話は展開される。

188風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:17:37.63ID:nKlrCsbb0
伊藤計劃の影響で1984みたいなディストピア風ラノベが流行ると思って少し期待してたけど、結局異世界転生の独壇場なんやなって

189風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:17:44.89ID:v+0SS89K0
>>165
なんでそうなるん?

190風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:17:59.61ID:MT0nA2xT0
龍が火を吹き仲間が死んだ。
もうこれでええやんだるいだけやで

191風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:18:30.66ID:PqvjtV18d
 私は毎日、夕方になると公園を散歩しながら、咲いている花を見ていました。
 そんなある日、薄汚れたシャツを着たホームレスの男性がバックパッカーらしい外国人と、流ちょうな英語で会話してたんです。
 なんで英語を話せる人がこんなところにいるんだろうと不思議に思い、その男性に興味を持ちました。

 それから何度も会うので、「先日、英語を話しているの見ました。すごいですね」と声をかけたんです。
 「英語が話せて悪いのか?」
 彼は不機嫌そうにこちらを睨みました。
 「俺のような男に声をかけるなんて、お金はあっても幸せじゃないね」
 この言葉は図星でした。いい人だけど、面白みのない夫と親から見合い結婚させられ、きつい姑に挟まれる毎日。息が詰まりそうだから、散歩に出かけるしかなかったんです。

 「何も言うな。君が望むところへ案内してあげるよ」
 いったい私の何を察したのでしょう。公園を知り尽くしている彼はまったく人気のない、くぬぎ林に私を連れ込みます。
 すると彼は、散らかっていたビニールシートに私を押し倒しました。強引にパンツを下げられて、そこを舌でペロペロとまさぐられると、強烈な汗くささが彼の頭から漂ってきます。
 だけど、なぜか気分が高まって普段より数倍潤い、お尻の穴まで愛液が滴り落ちました。

 「4年ぶりのセックスだ。お姉さん、ありがとう」
 許可もしていないのに、真っ黒いペニスが私の中に挿入されます。
 「いやぁ〜、やめて!」
 そう叫んでいましたが、本心ではメチャメチャにしてもらいたかったんです。
 しかもこのオジサン、エッチがすごくうまくて、正常位、バックの後、私を上に乗せてくれました。主人には恥ずかしくて言えないけど、これが一番好きで感じる体位。
 やがて考える力がなくなるほど頭の中は真っ白になり、動物のようなむっとする男の香りを深呼吸しながら、「ダメ、イッちゃう!」とつぶやき、昇天しました。

 セックスが終わった後、彼は「俺は商社マンだったけど、震災で妻と娘を亡くし、希望を失ってこんな生活をしているんだ」と打ち明けてくれました。
 翌日からまた彼が欲しくなり、何度も公園に行きましたが、二度と会うことはありませんでした

192風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:18:43.09ID:sconkRqP0
初心者スレから持ってきたヤツ?

193風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:18:47.56ID:8Wuu4Iyu0
 大男は鼻歌を歌いながらバンのトランク開け、トランクの中からポンプアクションショットガンを取り出す。
 ポンプアクションショットガンの銃身を見つめ、片目を瞑ってポンプアクションショットガンを構える。
 大男は麻里亜に振り向き、ポンプアクションショットガンに弾を装填してゆく。

 僕はバンのトランクに凭れて咳き込む。
「やめろ。麻里亜に手を出すな……」
 僕はポンプアクションショットガンに手を伸ばして、ポンプアクションショットガンの銃身を掴む。

 大男は僕の手を払いのけ、片手でポンプアクションショットガンの銃口を僕の顔に向ける。
「邪魔をするなら撃つぞ。顔に風穴を開けたいか?」

 僕は黙り込んで、大男から顔を背ける。
 大男は勝ち誇った様に喉の奥で笑い、ポンプアクションショットガンを肩に担いで麻里亜の元へと向かう。

194風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:18:47.97ID:i+ln7Yfh0
>>168
合理的でない場所て遠回りなとこからやあかんのか
一緒に東京出張行ったんかまるで分からん

195風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:18:50.34ID:Tt853DST0
>>3
なろう作家ってこういう少し珍しい表現使いたがるよね

196風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:18:57.37ID:hGZArts20
>>30
これ東電社員の小説やろ

197風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:19:00.87ID:UVhoTeE00
>>186
お前が死ぬんかい

198風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:19:15.84ID:c0gYsxGT0
>>188
現実がディストピアに感じられる若い子達にさらにディストピアもの見せても反応するやつ少ないだろーからなー

199風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:19:44.44ID:Sh/eQHbm0
馬鹿がいっぱいおるんやから馬鹿が書いた文章が流行るに決まっとるやろ

200風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:19:45.41ID:VcJzWaVud
>>159
お前もガイジやんけ

201風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:20:21.00ID:i+ln7Yfh0
>>187
読んでないけど典型的なろう小説でどうせゴミ屑やろ
作者死んだらええねん

202風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:20:44.33ID:ywb+obNud
>>188
ディストピアものは読者へのストレスが大きいからラノベジャンルではあんまり流行らンゴねぇ…
リゼロが流行ったのはほんま奇跡的なことやと思うよ

203風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:20:53.33ID:K2eIgKETM
>>170
○○が好きー、じゃなくて内容を紹介しろやボケ

204風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:21:06.24ID:XFH6GFNn0
>>159
腕がどうのこうのはただの比喩だし
そもそも口から出された炎が迫ってきてるのに「腕」ってなんやねん
死の抱擁を使いたいがために意味不明な連想ゲームになっとるやんけ

205風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:21:32.56ID:jd0jCdkn0
炎を死神の腕に見立てるというら中二センスはなかったな
全然比喩になってないし

206風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:21:34.24ID:nKlrCsbb0
>>198
現実がディストピアは草
でもだからこそその世界に違和感を感じる主人公に自己投影出来そうやけどね

207風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:21:39.72ID:MkOPQd9ea
───アタシの名前はアイ。心に傷を負った女子高生。モテカワスリムで恋愛体質の愛されガール♪
アタシがつるんでる友達は援助交際をやってるミキ、学校にナイショで
キャバクラで働いてるユウカ。訳あって不良グループの一員になってるアキナ。
 友達がいてもやっぱり学校はタイクツ。今日もミキとちょっとしたことで口喧嘩になった。
女のコ同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時アタシは一人で繁華街を歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
 「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながらしつこいキャッチを軽くあしらう。
「カノジョー、ちょっと話聞いてくれない?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
キャッチの男はカッコイイけどなんか薄っぺらくてキライだ。もっと等身大のアタシを見て欲しい。
 「すいません・・。」・・・またか、とセレブなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっとキャッチの男の顔を見た。
「・・!!」
 ・・・チガウ・・・今までの男とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを
駆け巡った・・。「・・(カッコイイ・・!!・・これって運命・・?)」
男はホストだった。連れていかれてレイプされた。「キャーやめて!」ドラッグをきめた。
「ガッシ!ボカッ!」アタシは死んだ。スイーツ(笑)

208風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:22:02.51ID:i+ln7Yfh0
>>193
最初以外へポンプナンチャラ無くてもええな

209風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:22:10.68ID:y5ccrcuYK
なろうはなろう的な作品ばかり人気になりすぎてなろう的作品以外が育ちにくい土壌になってるよな

210風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:22:16.62ID:tED/Snkd0
>>202
キモヲタはループものならとりあえず賞賛するやん

211風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:22:18.54ID:jMlwsc/x0
>>153
考えて書いてる間に落ちそうだからやだ

212風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:22:22.51ID:c0gYsxGT0
>>206
まぁ投影するからこそ異世界行きたがるんちゃうかな

213風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:22:31.83ID:kI8wgA2Id
巻き起こすって表現がアホっぽい

214風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:22:42.08ID:1gzUyLa40
おらァ!

215風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:22:57.82ID:UVhoTeE00
>>206
まあ善悪の屑とか結構話題になったしな
作りこみゃいけるやろ

216風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:23:01.77ID:ywb+obNud
>>211
がんばえー

217風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:23:06.00ID:a8pcJQaP0
ドドリアが犯されている、あらゆる器官が性器
360度チンポが襲いかかってくる部屋(SexBox360といったところか)逃げ場はない
別室で犯されているドドリア、ザーボンは壁を先程から何度も殴りつける
コルドのアラスカの荒涼とした大地を思わせるセックスが終り、部屋を出されたザーボン
満身創痍のザーボンの眼に映ったのは入れ替わりに部屋に入っていくギニュー特戦隊
全員が下卑た笑みを浮かべ、コルドに一礼を交わすとドドリアに覆いかぶさっていく
そして扉は閉じられた―――グルドだけ輪に入れず笑ったままうろうろしていた
殴る、蹴る、エネルギー波を撃つ、ザーボンの全力、しかし壁は無傷のままだった
「おやめなさい、ザーボンさん!コーヒがはいっていますよ!」
背後から聞こえたフリーザの声、振り返るザーボンの口に熱いコーヒが注ぎ込まれる
瞬く間に膝から崩れ落ちるザーボン、特製筋弛緩剤入りのコーヒ、悲しげな瞳
「宇宙一奴隷会…もうすぐ…始ってしまうのですね…」
呟くフリーザ、壁の向こうから声が聞こえた
「とっくせんたい!とっくせんたい!」
フリーザは思わず頬を赤らめた

218風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:23:06.55ID:jd0jCdkn0
>>204
炎に包まれる
これは死の抱擁だ

くらいかいてくれんと

ほかもめちゃくちゃだから流し読みじゃわかりにくい

219風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:23:35.72ID:hGZArts20
>>202
あんなん異世界天才の典型やろ

220風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:23:39.11ID:kCrL2YN60
ギャーッ!!
龍の口からいきなり炎が!!
私の体はその吐き出す炎にスッポリと包まれてしまった。
灰になりながら私の目に映ったものは…!!
死神だ!!
私を捉えようと待ち受けている。
白い歯をちらつかせながら…。

残念!!
私の冒険はこれで終わってしまった!!

221風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:23:50.06ID:j/7/bhzk0
「や、め────」
クラッシュする。
融ける壁。解ける意味。説ける自己。可変透過率 の滑らかさ。乱交する時間。観測生命と実行機能。
小指のない手。頭のない目。走っていく絨毯。一 重。二重。三重。とんで七百七十の檻。破裂する
風船。初めから納まらないという約束。毒 と蜜。赤と胎盤。水銀灯と誘蛾灯。
多重次元に屈折 する光源観測、泳ぐ魚、真相神澱にて詠う螺子。
道 具、道具、道具。際限なく再現せず育成し幾星へ意 義はなく意志はなく。叶うよりは楽。
他の誰でもないワタシ。洩れた深海。微視細菌より生じる矛盾。
俯瞰するクォーク。すべて否定。
螺鈿細工をして無形、屍庫から発達してエンブリオ、そのありえざる法則に呪いこそ祝いを。

222風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:23:52.10ID:v+0SS89K0
>>207
その辺の中二文章よりよっぽど読みやすい

223風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:24:13.24ID:nYvkc4Cca
逆になろうで文章能力高いやついるの?

224風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:24:27.84ID:jd0jCdkn0
中二文章は読み慣れないと理解できないな

225風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:24:32.67ID:p/Sx+9KM0
>>217

226風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:24:38.33ID:drnFU7Hu0
やりたい 投稿者:糞親父 (7月11日(火)22時41分11秒)

糞まみれのプレーをやりたいぜ。お互いに浣腸してから、
ちんぽを尺八しながら顔や頭から糞をかけたりかけられたりしたら最高や。
もう考えただけでちんぽが勃起してしまう。
出来れば年配の親父や爺さんの糞が一番だが、
糞だらけになれるなら30代40代のおっさんでも
一緒に変態の限りをつくし気が狂うほどぐちゃぐちゃになりながら、
けつの穴に入れたり糞だらけのちんぽを舐めあおうや。
又浮浪者のおっさんにせんずりを見せ合ったり、
そのまえで小便を掛け合ったら興奮してたまらないぜ。一緒にやろう。
岡山県の北部なら良いが、岡山市内でも良いぜ。
163*90*53の変態親父や。土方姿のままで汚れながら狂うのが一番や。
連絡早くしてくれ。糞、ためて待つぜ。

227風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:24:56.55ID:8MjWAxQia
>>221
鳥肌もんやわ
こんなの書いちゃう人間がおるなんて
きしょいの次元じゃないわもう

228風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:25:10.38ID:c0gYsxGT0
>>223
推敲が乏しい連載って形式な以上なかなか難しいんちゃうか?

229風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:25:36.55ID:K2eIgKETM
>>182
なんで馴れ合ってんの?

230風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:25:39.00ID:tq62Rekld
>>135
ラブライブ!の厄介オタクが黒乳首のスキャンダルでBD破壊する騒動が一番ヤバかった
後半はヲヲヲイヲーをラブライバーに読み替えればあとは意味が通るか

231風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:25:46.70ID:cZKnmrzn0
syamuさんは本人のカリスマ性で許されてるだけやぞ
文章自体は完全に岬高校のそれ

232風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:26:01.16ID:K2eIgKETM

233風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:26:06.89ID:r7akeE0la
奥にはちらりと闇く、紅く輝く炎が見えた。
それは今までどれだけの悲劇を巻き起こしてきたのか。
奴は息を大きく吸い込み、死を吐き出した。
死が彼らを抱きしめんと迫る。
彼らは思う。運命と言うものがあるのなら、そんなもの捨て去りたい。
しかし現実は残酷だった。
彼らは死に抱きしめられ、灰となった


ワイガイジが中2病で書き換えたで

234風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:26:14.77ID:soJNxvJ8d
>>220
すき

235風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:26:15.32ID:v+0SS89K0
>>221
歌詞っぽい

236風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:26:24.23ID:+sJZOpgRp
>醜悪な化物の口が大きく裂ける。
口は裂けません

>奥にはちらりと闇く、紅く輝く炎が見えた。
ちらりと暗くとはどういう状況でしょうか

>死神の腕が仲間たちを抱きしめんと迫る。
死神の腕が抱きしめるだと分かり難い上に迫力が伝わりません

237風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:26:26.45ID:Gyb2NReId
syamuさんのスレかと思ったら違った

238風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:27:29.74ID:y5ccrcuYK
>>223
なろうって普通に純文学投稿しとるやつゴロゴロおるし

239風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:28:09.69ID:oOQ4hVTk0
異世界転生もの書く人は教科書として指輪物語とナルニア辺りくらい読めばいいのになーって思うんだが

240風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:28:24.23ID:oxabFRGDp
醜悪な化け物が口を開くと仲間の数人が短い悲鳴をあげながら逃げ出した。制止しようとする僕の声も、口の中に覗く炎を見ると飲み込むしかなかった。
醜悪な化け物は笑みを浮かべたように見えた。醜悪な化け物が息を大きく吸ったかと思うと、仲間たちの背中に向かって炎は放たれた。
仲間を焼く炎が消えるよりも早く、彼らの灰になった姿を想像するのは容易なものだった。

ワイこんなんだったわ

241風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:28:25.23ID:tNgP0DZD0
>>220
しんのゆうしゃだいすき

242風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:28:35.41ID:ywb+obNud
>>219
いや、一見そうなんやけど、なろうでああいうタイプのストレスフルな異世界転生が流行ることってあんまりないんや
多くは読者がストレスを感じないように主人公が悩むこと自体が珍しいんやで

243風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:28:38.48ID:CgQDJX5Ja
こんなんでも買うガイジおるからな。

お前の事だよ

244風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:28:42.13ID:i+ln7Yfh0
>>238
ほーんバカなんかそいつら

245風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:28:42.37ID:UVhoTeE00
>>221
どういう状況や 必殺技でも喰らったんか

246風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:28:45.41ID:4LNQ1tn60
死神の腕って躓くところちゃうやろ…

247風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:28:54.59ID:XsaAzU9M0
「少年が雨の中、濡れた仔犬に傘を置いていった」

これをどう書くかで文才が決まるらしい

248風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:28:58.92ID:92GuYt0od
>>217
これ地味に分かりにくいな

249風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:29:10.07ID:Tca4+Z8Ba
「かぶき者の意地、と申すか」

「人としての意地でござる」

 慶次郎の反駁は間髪を入れなかった。
 関白であろうと牢人であろうと同じ人である。面白半分に人が人を呼びつけ、晒し者にしていいわけではない。
正しい思い上がりであろう。呼びつけられ、晒し者にされた男は相手を刺し殺すことによってのみ、相手もまた人に過ぎないことを強力に証明することが出来る。
思い上がりに対する痛烈なしっぺ返しである。

250風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:29:46.64ID:GltbwUAp0
>>4
――嗚呼、特撮物が好きだったせいか、こんな非常事態でもゴジラを思い出してしまう。
子供の頃は、一瞬で街を黒焦げにする巨大怪獣映画の畜生っぷりにワクワクさせられたものだが、いざ目の前で同じような展開になるとシナリオ製作者を一発ぶん殴ってやりたい気分にもなる。
父親に将来の夢を聞かれて、「絶対、ゴジラになる!」とか阿呆なことを言うぐらい特撮物が好きだったような気もするが、まさか十年後の俺がドラゴンに追いかけ回され、今まさに炎で消炭になりかけているとは夢にも思わなかっただろう。
所詮、人間はゼーハーゼーハー言いながら足をひたすら動かして逃げるしかないのだ。多分、恐怖のあまりパンツをオシッコまみれのまま、立ち尽くしていたであろう当時の俺よりは幾分か成長したな、うん。

251風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:29:57.27ID:6uSfP13L0
でも、〜じゃね?的な一人称糞作品より、好感がもてるわ

252風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:30:04.81ID:v+0SS89K0
文は簡潔話は複雑
文は複雑話は単純
うーん

253風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:30:15.11ID:i+ln7Yfh0
>>247
英作文の問題みたい

254風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:30:27.61ID:kCrL2YN60
しゅうあく−ほのお−うんめい−ざんこく!
なかま は はいになりました。

255風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:30:53.24ID:jd0jCdkn0
>>247
その要素をいれて話をつくれってことだよね?

256風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:31:14.54ID:IO7D70Nd0
>>247
正解が分かんねえよ

257風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:31:27.29ID:tKQ06dFr0
>>221
わけわからんこと書いておけばそれっぽく見えるやろ!

258風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:32:05.50ID:0bjkGOlG0
>>255
話付け足しちゃダメだろ

259風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:32:05.97ID:DWLlLEJbp
化物の口が大きく裂けて、奥からはちらりと炎が見えた。
今までどれだけの悲劇を巻き起こしてきたのか。口元に歓喜を浮かべた化物は息を大きく吸い込んで炎を吐き出した。
死神の腕が仲間たちを抱きしめんと迫る。
運命としても捨て去りたい。しかし現実は残酷だった。
逃れることは叶わず、彼らは灰と変わった。

なるべく難しい言葉は消したで

260風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:32:16.12ID:nYvkc4Cca
醜悪なヴァ・ケモスノ、別名“禁忌の魔弾”の人が執る最も安易な情報伝達媒体が大きく裂ける。
深淵にはかつて大陸を消し飛ばしたちらりの原種と闇く、紅く耀輝煌く焔《ヴォルカニクス》が視界にとらえた。
その輝き全てがお前の力だ――喉、つまり『記憶の再生の眠り』から這い出たアーティファクトは俺が助けに行くまでどれだけの惨劇〈グランギニョル〉を巻き起こしてきたのか。
ク=ティモストゥにフロイデを虚空へと解き放ち、愚者はアトモスフィアを大きく吸い込み、そのグルガン族の男は静かに語った……運命に従いその身を砕いたを告げるイグニスを吐き出した。
ヴォルデモートのエンハンスソード・レプリカが仕込まれた腕が眷属とその眷属を抱きしめんと迫る。
醜悪なるウンメ=インと紡ぐアイテムがあり…いつしか“光”と“闇”に分かれるのとくりゃあ、それ程の――男にはな……誰しも心うずく様な”過去”があるもの捨て去りたいものだ。
併し現世(うつしよ)は『闇の王』の名に相応しいであった。
サダメ、つまり『記憶の再生の眠り』から逃れる真理<ファティマ>は叶わず、運命に従いその身を砕いたのプリナルーンエンブレイスを授かり負の足取り光の戦士たちは成れの果てと状態変化した。

261風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:32:20.66ID:qAx+3JSHp
うおおおおおお
マウント取るぞおおおお
俺はすごいんだああああ

262風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:33:13.08ID:sPSa+qPb0
>>247
クッソ雨やんけ、おっガキが傘置いていきよった雨やのにガイジか?
ワイがもらっといたるわ、あっ傘の下に子犬……ワイはどうすればええんや?

文才あるか診断してくれ

263風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:33:15.24ID:sfRZ+WmH0
>>221
実はこういうのすこ

264風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:33:18.13ID:tMWY18h7a
はい、寝る前にジャムおじさんのお話聞こうね
ビニール袋に入れたチーズのうんこ、あったかくて思わず口に入れましたわあ
ビニール越しに感じる動物の糞尿の温かみ・・・形を確かめるように舌を激しく動かすと、うんこがほぐれて内部の熱が放出され、おじさんの口内で緩やかに広がります
卑猥だと、下品だと分かっていても咥えてしまう
綺麗好きな女の子がチンポコを口に入れるのときっと同じでしょうね
おじさんはチーズに「チーズの、おいしいね」って言いました
チーズは何も言わずおじさんをじっと見つめています
おじさんはズボンを降ろし「チーズも咥えるか?あったかいぞ」と既に半立ちチンポをお手玉しながら手招きすると、チーズはやはり動かずにおじさんを見つめるだけです
「怖いのか?」腰を振りながら近くとおじさんは驚きました
四つの足で地面を強く踏み締めて、チーズは声を押し殺して泣いていたのです
おじさんはハッとなってビニールを口から取り出し、後ろ手に隠しました
「私は間違っていた」
モワッとした臭気が立ち込めると、量が増えたビニール袋を「お前も同じものがいいよな」とチーズに差し出しました
よし、お話終わり
寝て良いよ

265風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:33:46.24ID:uEDmZXbZ0
取り敢えず文章こね繰り回せば良いと思ってる感

266風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:33:47.01ID:l4gw/nyj0
>>221
これ何やっけ

267風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:34:19.97ID:O/3bA94ua
なろう作家さん、事故って死亡

 「ダィテス領攻防記」などで知られる作家の牧原のどかさんが8月31日、交通事故のため死去した。1日、出版社アルファポリスの公式サイトで発表された。

 発表は以下の通り。

8月31日夕刻、「ダィテス領攻防記」の著者である牧原のどかさんが交通事故によりお亡くなりになられました。

同日夜、報道機関から連絡があり、管轄の警察署に問い合わせしたところ、事実であることを確認いたしました。

牧原のどかさんは2013年当社より「ダィテス領攻防記」で出版デビューし、本年5月には最新8巻を刊行。2016年からコミカライズの連載もスタートし、その人気は衰えることを知らずさらにファンを増やしておりました。

同作は女性ヒロインが主人公の作品であるにもかかわらず、男性読者にも非常に人気が高い、当社の中でも稀有なヒットシリーズでありました。牧原のどかさんの類まれなる才能と筆力を、常日頃から編集部では強く感じ入っており、敬服しておりました。

突然の訃報にただただ驚くとともに、沈痛な思いであります。

「ダィテス領攻防記」をご愛読いただいている方々、牧原のどかさんのファンである方々にご報告させていただくとともに、牧原のどかさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

268風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:35:11.69ID:kCrL2YN60
>>247
雨=黒星
犬=犬ルト
傘=傘

269風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:35:58.93ID:jd0jCdkn0
>>258
動作をかけってこと?
しゃがんで傘をこうやって、固定してとか

270風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:36:18.23ID:i+ln7Yfh0
>>267
転生しようと思ったんやろなあ

271風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:36:57.95ID:ObVwuKkI0
ダークでブラックなモンスターのエントリーだ!
巨大な口から死のデスブレスが吹き荒れる!
アイエエエエエエエエエエエエ!!
レッサーニンジャに死神のスープレックスが襲いかかる!
まさに蛇に睨まれたカワズ!
ナムアミダブツ!
憐れニンジャは爆発四散!!

272風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:37:08.11ID:pBeIufGL0
彼の死体は腫れ上がり、何か恐ろしい毒によって呼吸困難になりチアノーゼを起こしたかのように青黒くなっていた。恐怖のうちに見守る我々の目前で、死骸は水気を含んだ不快な音を立てつつ胴体で真っ二つに千切れ、黒い毒とはらわたがあたり一面に流れ出た。

273風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:37:09.98ID:nYvkc4Cca
>>266
月姫だったはず

274風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:37:12.44ID:pSDUMBdx0
>>259
運命の部分は省略しすぎて訳わからんな
それ以外は簡素でええんやない

275風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:37:32.02ID:v+0SS89K0
>>269
凄くガイジっぽい

276風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:37:34.39ID:ywb+obNud
>>247
少年は子犬を傘の端に入れてやってから、はっと気づいて少し悩んだ。
悩んだ挙げ句、仕方がないから自分は家まで濡れて帰ることにした。

これでどうや…?

277風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:37:50.54ID:eixH38nC0
"滲み出す混濁の紋章"
"不遜なる狂気の器"
"湧き上がり・否定し・痺れ・瞬き・眠りを妨げる"
"爬行する鉄の王女"
"絶えず自壊する泥の人形"
"結合せよ"
"反発せよ"
"地に満ち己の無力を知れ"

破道の九十 『黒棺』

278風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:38:01.54ID:c0gYsxGT0
>>269
犬視点から書いた方が面白いかなーとか雨音の表現で雰囲気とキャラ付け時系列をどうドラマにするかなーとかちゃうのw

279風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:38:13.42ID:jd0jCdkn0

>>276
話をつけくわえちゃ駄目っていってたぞ?

280風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:38:19.94ID:sfRZ+WmH0
>>277
かっこよすぎンモ

281風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:38:22.42ID:v+0SS89K0
>>247
このままでええやん

282風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:38:36.10ID:CCT1cq8C0
醜悪な化物の口が大きく開かれる。
奥にはちらりと蠢く、紅蓮の炎が見えた。

その喉から這い出た炎は、今までどれだけの惨劇を巻き起こしてきたのか。
ヤツは歓喜で口を歪めると、息を大きく吸い込み、そして死を告げる炎を吐き出した。

仲間たちに迫っていく。
運命と言うものがあるのなら、そんなものは捨て去りたかった。

しかし現実は残酷だ。運命から逃れることは叶わない。
死の炎に抱かれ――彼らは灰になった。

283風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:38:53.74ID:uJF1gBu7M
>>1
あいたたたたた

284風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:39:03.54ID:UY5tZl0wd
大型肉食恐竜型ハンターよりまし

285風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:39:04.57ID:Zy6ckRaUa
>>279
アスペか?
傘置いたなら濡れて帰るやん
普通にうまいと思ったで

286風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:39:12.88ID:ywb+obNud
>>279
マ?ムズすぎやろ

287風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:39:42.61ID:i+ln7Yfh0
>>273
ゲームなら分かるわ
制限あるし

288風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:40:08.26ID:jd0jCdkn0
>>285
いや話加えてんじゃん

289風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:40:13.26ID:y5ccrcuYK
>>277
師匠まだ新連載しないんかな
今ジャンプ連載クソになってるし編集部も首長くして待ってるやろ

290風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:40:24.91ID:29zgpyAj0
童貞と云うものがあるなら、そんなもの捨て去りたい。
しかし、現実は残酷だ。

291風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:40:40.16ID:5ph0SfCO0
とかく初心者は、形容詞や副詞を重ねれば、名詞、動詞が生きると考えがちで、
例えば「熱く乾いて、眩しく、埃っぽい日」と書くことで、ある一日をありありと描いたつもりになる。たいていは逆効果である。

ノア・リュークマン(2001)『プロになるための文章術―なぜ没なのか』河出書房新社.

292風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:40:49.84ID:i+ln7Yfh0
>>279
この一行を改変せえて事か

293風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:41:09.95ID:SFCvzMqLp
私は慄然たる思いで机の引出しから突如現れたその異形の物体を凝視した。
それは大小の球体を組み合わせたとしか言い様の無い姿をしており、狂気じみた青色が純白の顔と腹部を縁取っていた。
這いずり回るような冒涜的な足音で私に近付くと、何とも名状し難き声で私と私の子孫のおぞましき未来を語るのであった。
また、それは時空を超越した底知れぬ漆黒の深淵に通じる袋状の器官を有しており、この世の物ならざる奇怪な装置を取り出しては、人々を混迷に陥れるのであった。

294風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:41:10.57ID:Zy6ckRaUa
>>288
レス見た感じアスペやん
なんかすまんな

295風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:41:10.62ID:kCrL2YN60
>>287
「おめぇ、……戦略、戦術、…そして戦闘、…全て三拍子揃ってるぜ。 ……お前みたいなヤツが俺の役をやるべきなんだよ…。山狗みてぇなクソどもの隊長をな…!」
「ははん。ごめんだね、あんたらみたいな根暗そうな秘密部隊の隊長なんて!」
魅音が笑い捨てる。 小此木もそれを笑って受けた。 謙遜でなく、それは純粋な反応だと思った。
「……へへへ、そうだな。お前ほどの器なら日本の不正規戦部隊長なんてもったいないぜ…。 SASでもデルタでもスペツナズでも、…どこでも最高の人材になれるだろうぜ。何しろ、」
「はははは、あっははははははは!!! SASぅ? デルタフォースぅ? 下らないねぇ! そんな退屈なところじゃあ、私を飼いならせやしないよ!!」
「……へっへへははははは! そうだろうな。そうだろうよ。 ……なら聞かせてくれ。お前ほどのヤツなら、何の隊長を望む!」
「隊長なんて興味ないね。部長でいいね。」
「……部長…。英国情報部辺りってとこか、…ふ、妥当だな。」
「だめだめだめ、なってないね! あのねぇ、私がやりたい部長はたったひとつ!! 雛見沢分校の我が部の部長だけさッ!! 罰ゲームのない戦いなんてごめんだね!
口先の魔術師、前原圭一! かぁいいモードの竜宮レナ! トラップ使いの沙都子に萌え落としの梨花ちゃん!! そして期待の新人古手羽入!! これだけ揃ってりゃ、世界のどこだろうと退屈だねッ!!」
「…………勝てねぇ…。……勝てねぇよ……。…こんなヤツが隊長だったんじゃ、 …勝てるわきゃねぇやな…。へへへへはははははははは!!」

296風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:41:11.62ID:UVhoTeE00
>>277
大体好きやけどこれはないわ
師匠のワードセンス出てへん

297風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:41:28.05ID:nYvkc4Cca
>>287
まあそれにしたって酷いでこれは
きのこはfateや空の境界だともうちょっとマシな文章かけてるし

298風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:41:31.45ID:W7GQXTSAM
恥の多い生涯を送って来ました。 自分には、人間の生活というものが、見当つかないのです。


ちょっと批評してくれンゴ

299風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:41:37.55ID:MxCAI9gxd
>>203
なんで?
まとめるから?

300風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:41:46.06ID:CCT1cq8C0
「少年が雨の中、濡れた仔犬に傘を置いていった」

雨が降っていた。
少年は濡れた仔犬を見つけると、傘を差し出し立ち去った。

301風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:41:46.83ID:Ly4NpgPFa
俺Aは友人B・Cと女の子をナンパしに街に出たが、残念ながらひとりもゲットできなかった。
「やれやれ、今日はセックスはお預けか…」
Bはため息をつき、Cはうなだれる。
ナンパしに行こうと言い出したのは俺で、責任を感じていた。そのとき、あることをひらめいた。
「いい考えがある」
「何だ?」
「男同士でセックスをするんだ」
一瞬の静寂。
「何を言ってるんだA、男同士でセックスなんてできるわけないだろ」
Cが嘲笑の表情を浮かべる。
ふむ、やはり彼らはアナルセックスを知らないようだ。しかしそれも無理からぬこと。
俺でさえその行為の存在を知ったのはつい1年前なのだ。
「ふたりとも、オナニーはしたことないか?」
「しょっちゅうやってるぜ」「俺なんて毎日さ」
BとCが答える。
「そのとき、尻の穴をいじったことがあるだろう?」
「そう言えば…」「指を入れたことは何度か」
「気持ち良くなかったか?」
「確かに」
「男には前立腺というものがあって、そこを直腸から刺激すると大変な快感をもたらす」
「何だって!?」
「指だけで満足できるか?もっと気持ち良くなりたくないか?」
「どうすればいいんだA、教えてくれ」
「指なんかよりもっと太くて大きい、ペニスを肛門に入れて刺激するのさ!」
「なんとっ…!」「おお、素晴らしい名案!そうすればペニスを入れた側も気持ち良くなるじゃないか!」
ふふふ、BもCも先ほどの絶望感を忘れたかのように元気になった。
「そうと決まれば早速ラブホに出陣だ」
「オー!!」
http://i.imgur.com/C442rzN.jpg

302風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:41:48.94ID:0bjkGOlG0
>>269
例えばお題が「夜中電車に乗って雪国に着いた」ならプロは「トンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。」になるって事だろ。

303風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:41:54.58ID:sfRZ+WmH0
>>295
これは嫌い
死ね

304風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:42:20.59ID:CCT1cq8C0

305風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:42:38.40ID:i+ln7Yfh0
>>295
まあこれだけ特徴的な文章書けりゃ大したもんやろ

306風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:42:46.63ID:sPSa+qPb0
>>293
こいつ初登場は頭をぶつけるとか死ぬとか物騒な予言する奴やしな

307風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:42:47.90ID:Hk4LSDJca
平日の朝から適当に切り抜いた文章でなろう作家にマウント取るやつ…
ID:K2eIgKETM
人気の出ないなろう作家なのか無職なのか知らんけどこういうやつが一番寒いわ
実際に投稿しとるなろう作家のが百倍マシだぞ

308風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:42:49.10ID:UY5tZl0wd
大型肉食恐竜型ハンターは、小型獣型ハンターに振り向いて大きく口を開けて吠える。
まるで獲物の邪魔するなと言われているようで、攻撃を止めて戸惑う小型獣型ハンター。
小型獣型ハンターは大型肉食恐竜型のハンターに牙を向けて威嚇したり、吠えて威嚇している。
大型肉食恐竜型ハンターはぶるぶると頭を振って小型獣型ハンターを片足で踏み潰す。
大型肉食恐竜型ハンターに踏み潰された小型獣型ハンターは頭を上げて吠え、頭が地面に突く。
小型獣型ハンターの紅い眼が点滅して消え、小型獣型ハンターからばちばちと火花が散っている。
大型肉食恐竜型ハンターがオレに襲い掛かろうとしている小型獣型ハンターを銜えて放り投げ、口の中の砲口が伸びてキャノン砲で小型獣型ハンターを撃つ。
小型獣型ハンターが空中で身体を起こすのも虚しく空中爆発する。
大型肉食恐竜型ハンターは尻尾で小型獣型ハンターを薙ぎ払い、口の中の砲口からキャノン砲で小型獣型ハンターを撃っている。
小型獣型ハンターが大型肉食恐竜型ハンターと戦っている。 

309風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:43:36.05ID:c0gYsxGT0
>>297
形式的にリズムでワードが出てくるタイプだから体言止めで区切ってるんじゃなかったっけな

310風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:43:55.62ID:jd0jCdkn0
>>247
でこれをプロがやったやつはないの?

311風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:44:10.85ID:hCTxRgU90
>>267
アルファポリスに魂を売った結果

312風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:44:23.64ID:Tc2jlK7A0
>>247
雨だった。
傘をもってきて正解だと少年は独り言ちた。
と,見慣れた筈の通学路に違和感を感じ,目を向けた先には

313風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:44:23.94ID:j/7/bhzk0
>>295
ひぐらしは学生の時に見とかんとアカンな

314風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:44:42.73ID:XIWeNKEM0
2ちゃんねる上の当職への事実無根の誹謗中傷行為を、心ある方々のご連絡により確認いたしました。
当職がPlay Now というアプリをTwitterアプリと連動させ、当職が卑猥な動画を見たなどという、当職の成りすましアカウントが当職への名誉毀損を試みた行為を当職によるものなどという言説でした。
かかる言説がガジェット通信、そして、下記の弁護士により拡散されましたが、全くの事実無根であります。
これら権利侵害行為を行った者に対しては、誠意ある対応なき場合は、法的手段を講じて参ります。

315風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:44:49.79ID:iJ0jPzGSa
>>4
いけるやん!

316風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:45:09.60ID:CCT1cq8C0
>>1
>>282

317風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:45:34.79ID:ywb+obNud
>>295
これすこなのだ

318風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:45:35.72ID:038T6e+70
口から火吐いて一瞬で灰にする勢いが消えてる
炙ってるような時にだらだらと書けばええのにな

319風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:45:42.48ID:AilGplu90
絵で見たら一発やけどそれを文章で説明せなあかんからこんな回りくどい感じになるんか
化け物が吐く炎にやられて死ぬってだけの文でこれやったらいったい全部で何ページあんのや・・・

320風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:45:53.62ID:nYvkc4Cca
>>309
ああそうなんか
プレイ中はそこまで気にならんのかな

321風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:45:55.54ID:4LNQ1tn60
>>275
っぽいっていうかガチやろ

322風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:46:06.39ID:5/I5hZ0Kd
syamuさんが中の上レベルといわれる魔境なんだよなぁ

323風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:46:27.64ID:9t0/pdqK0
いちいち回りくどいくっさい言い回しなんか楽しんで読んでられんわ
ワイは漫画読むから

324風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:46:38.29ID:AilGplu90
>>295
文字で見ると余計にあかん

325風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:46:59.86ID:kwKuUFmZ0
加奈が下校中、空を見上げる確率は四万七千六十四分の一だ。
つまり四万七千六十四秒間歩いたとしたら、そのうち一秒間、空を見ている。
実証されたわけでもないし、それを知ってる人もいないけれど、この宇宙においてはっきり正しい厳然たる数字だ。

当たり前の話、こんな誰も知らない正しい数字はいくらでもある。
たとえば加奈が学校から家に着くまで、スカートと足が擦れることによって生じる熱量は、お母さんが家で読書中、貧乏揺すりで生産する摩擦熱とだいたい同じだ。
加奈が友達に挨拶した時、自分でも気づかずにこっそりつく溜息の風量は、加奈が生まれた時にお父さんが興奮して鼻から漏らした息の量とほとんど同じだし、
加奈が明石先生の社会化授業中の冗談を聞いて、一応ウケたほうがいいのかな、わたし最前列の真ん中の席だし、と考えるまでの時間は、かつてアポロ8号がカウントダウン中、ロケット点火から空に飛び立つまでの時間とまったく同じだった。

こんなことは誰も知らない。誰も興味ないし、調べることも考えることもない。
加奈本人だって知りたいとも思ってないだろう。
もっとも、それを言ったら加奈を知ってる人からしてたくさんはいない。そう、あなただって加奈のことをいまのいままで知らなかった。
同じ惑星の、そう遠くない場所にいるとても優しい女の子のことなのに。

加奈は中学生だ。この中学生というのは、加奈本人によると大事な区分らしい。
なにしろ加奈は自分のスペックをぼくに説明する際、製造番号でもプロジェクト名でもなく真っ先にそれを公表した。
なんでも一種の機能制限らしい。中学生だから禁止されていることがたくさんあって、推測するに、製造されたのにずっと倉庫に保管される予備部品のようなものなのだろう。
予備部品の気持ちはぼくにもよく分かる。どうしても必要だから製造されるのに、使われるあてはない。

ぼくだって、高度二万六千四百九十九メートルから秒速七十メートルで墜落中、加奈のことはまだ存在も知らなかったんだ。
加奈のこともあなたのことも、この惑星の表面に棲息する、あなたたち微生物のことなんてなにひとつ知らなかった。
そしてちょうどその頃、加奈は四万七千六十四分の一の確率で空を見ていた。

326風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:47:04.38ID:fv5Jcpuxp
>>302
トンネルをってそれもなろう作家?
プロっぽくないな

327風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:47:05.81ID:O9I7/S1A0
ある日、バスのなかでソフト帽をかぶった26歳くらいの男が隣の乗客が押してくるので腹をたてるものの、その口調はたいした剣幕ではなくて、別の席があくとそそくさと座る。
その2時間後、サン・ラザール駅前のローマ広場でその男をまた見かけた。
連れの男がいて「君のコートにはもうひとつボタンがいるね」と言っているのが聞こえた。


これを99回書き直す文体練習とかいう本すき

328風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:47:11.26ID:UVhoTeE00
>>319
漫画でやればええのに
正直設定だけならちょこちょこ面白そうやなって思ってるで

329風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:47:33.06ID:jd0jCdkn0
少年置傘 濡犬喜大

330風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:47:33.33ID:Tc2jlK7A0
なんでそんな好き好んで底辺探すねん
どんだけ卑屈なんや

331風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:48:11.91ID:v+0SS89K0
>>291
至言やけど日本やとラノベが流行ってるしクソみたいな読みにくい文章の方が評価されるのが日本

332風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:49:07.47ID:kCrL2YN60
なろうと称して幼年期の終わり読ませてみたい

333風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:49:15.81ID:AnykghDM0
物語書く時って描写をどこまでしたらいいかわからんくならん?

イメージしやすいように地の文増やすとテンポ悪くなった気がするし、かといって、減らすと描写不足でこっちが思い浮かべてる絵を読み手が受け取れてるか心配になる

334風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:49:19.85ID:i+ln7Yfh0
>>325
これなんや
ええやん

335風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:49:27.26ID:aUGIWl+Ep
>>327
文体練習なんJで知ってる奴初めてみた

336風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:49:38.02ID:jd0jCdkn0
>>331
ラノベがはやってるのは極々一部な
普通のやつは普通の小説読んでるから

フランス人が全員日本大好きのアニメ好きだと思ってそう

337風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:49:41.11ID:kwKuUFmZ0
スーパースパイ@号、即ちスーパイワンは、この世の悪を滅ぼすために生まれた正義の騎士であるわけだが、その悪がなんなのかというと、つまりは凡パイどもである。
凡パイとは言うまでもなく平凡なスパイたちのことだ。
凡パイどもはトトカンタ市に潜入し、なんか基本的に悪いことをしている。
盗み、殺し、企み、悪いっぽい笑い、その他おおむね悪いこと全般。
ただひとつ奴らが嗜まぬ悪徳とは、怠けることだ。おかげで街は休むことない脅威にさらされ続けている。

悪の坩堝で艱難辛苦にあえぐ弱者たちの唯一の希望、スーパイワン。
その正体は誰も知らない。まだ少々宣伝活動が足りないせいか。おのれ。

338風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:49:41.80ID:j9PdD9OKp
J民も同レベルのガイジしかいないことがよくわかるスレ

339風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:50:00.94ID:c0gYsxGT0
>>320
一気にこの文章出てきたらキツイけど単語と音楽で表現してたからな
文章とは別のエンタメやし揚げ足取りみたいなもんやろ

340風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:50:42.66ID:ywb+obNud
>>285
嬉しいわ

341風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:51:06.02ID:r7akeE0la
奥にはちらりと闇く、紅く輝く死が見えた。
彼らは思う。その死はどれだけの人を迎え入れたのか。

奴は死を吐き出さんと大きく吸い込んだ。
彼らは思う。運命と言うものがあるのならば、そんなものは捨て去りたいと。


現実は残酷だった。


ワイのできる限界まで中2病にしてみたで、どや?

342風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:51:06.66ID:Tc2jlK7A0
>>327
あれ原作は最高やけど
邦訳が調子に乗って100個くらい翻訳者のオレオレ文章載せたせいでくっそイタイタしくなってる

343風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:51:11.96ID:diYvkZ0Dd
>>247
冷たい雨の中、少年はボロ雑巾のように薄汚れた仔犬の瞳を見つめていた。
ふやけているダンボールだが、書かれている文字は辛うじて読めた。
誰か拾って下さい
少年にとってそれはひどく難しい頼みであった。
彼の自宅はマンションだ。しかも母親は犬アレルギーときている。
それでも、彼は頭の中で拙い思考を巡らせた。しかし、思いついたことは、どれもこれも全て自分で不可能だと否定できてしまった。
そして、己の無力さを憂いた少年は、今できる精一杯を行った。
震える仔犬の頭上には傘が置かれた。

少年は犬に背を向け、一心不乱に駆け出した。
少年はただ、思う。願わくば、明日はそこにいないで欲しいと。
涙は雨が流してくれた。

344風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:51:14.34ID:YJPIW7ZMa
純文学のような抽象的な言い回しを持ち上げる人間にはなりたくないね

あれこそ作者のオナニーや

345風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:51:19.47ID:0mMpTQoIp
http://buntan2017.hinaproject.com
短編の賞の結果が出てたから貼っておくぞ

346風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:51:21.41ID:Ydccnr4e0
1人の少年が立っていた。降りしきる雨の中、視線は一点に固定されていた。空でもなく地面でもなく、一匹の仔犬であった。
どれくらいの間立っていたのか、いや一瞬であったかもしれない。ともかくその少年は手に握っていた傘を、仔犬を守るように置いて、どこかにいった。

347風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:51:24.67ID:8MjWAxQia
ふと、彼らの視界をよぎったのは、化け物の喉奥で揺らめく、紅き炎。
その口元から、数知れない惨劇をもたらしたことは想像に難くない。
大きく息を吸い込んだ化け物が歓喜の表情を浮かべたその瞬間、彼らは目の前の残酷な運命に抗うことをやめた。
灼熱の抱擁を受け--全ては灰と変わった。

難しいな

348風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:51:30.33ID:v+0SS89K0
>>336
その普通の小説も日本の方がはるかに読み難い
英語やとファンタジー物でも文そのものは簡潔で読みやすい

349風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:51:41.96ID:Tc2jlK7A0
>>336
Don't stop!

350風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:52:23.72ID:YJPIW7ZMa
>>343
くどい

351風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:52:27.27ID:i+ln7Yfh0
>>339
パッパッ文字出て来るしそこまで真剣に読んでへんしな
CGも付いて来るし

352風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:52:31.06ID:AilGplu90
ちらりw

353風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:52:34.32ID:GltbwUAp0
きったねえ化物の口が大きく裂け、奥にはちらりと紅いものが見えた。
これが只のノドチンコだったら平和に終わったんだろうが、それを全否定するように仲間たちからは既に悲壮感が漂っている。
運命を諦めた、そんな風に俺には見えた。
化け物もそれに応えるように炎を吐き出し、抱きしめるように体を包み込む。
残ったのは灰だけだった。

354風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:52:37.64ID:kwKuUFmZ0
二人組の銀行強盗は好ましくない。
二人で顔を突き合わせて入れば、いずれどちらかが癇癪を起こすに決まっている。
演技も悪い。たとえば、ブッチとサンダンスは銃を持った保安官たちに包囲されたし、トムとジェリーは仲が良くても喧嘩する。

三人組はそれに比べれば悪くない。三本の矢。文殊の知恵。
悪くないが、最適でもない。三角形は安定しているが、逆さにするとアンバランスだ。
それに、三人乗りの車はあまり見かけない。
逃走車に三人乗るのも四人乗るのも同じならば、四人のほうが良い。五人だと窮屈だ。

というわけで銀行強盗は四人いる。

355風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:52:38.85ID:OVvU+8v1d
「三勤務労働制……という言葉は知っていますか」
「三勤務労働制? 何を言っている?」
ふむ、やはり知らんか。もっともそれは仕方のない話なのかもしれない。
この案は私が前の世界に居たときから抱いていた新しい制度だ。知らぬのも当然だろう。
「簡単に言いますと朝は奴隷が働きます。昼は貴族が働き夜は農民が働く、こうやって朝、昼、晩と位毎に仕事を分けるのです」
つまり、奴隷は朝だけ働けば良くて貴族は昼、農民は夜と働く時間を決めておくのだ。
こうする事によって皆が同じ時間分働く事ができ不公平がおきない。
短期間で集中して仕事もできるから作業能率も上がりゆっくりと休憩時間も取ることができる。
今までは奴隷と農民が一日中作業をやっていたから、疲労が溜まり仕事の成果が上がらなかったのだ。
そこに貴族が加わり、タイムシフトも取ることで相互扶助の関係を構築していくのだ。
その事に気づいた騎士達がざわめき始める。今までに無かった新しい発想だ当たり前と言えるだろう。
「なるほど、ずっと貴族は仕事をしていなかったからな。貴族も仕事をさせれば負担が減るって訳か」
「今までそんな発想考えたことも無かった。まさにこの政治体制の盲点を突いた政策って訳か」

356風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:53:11.03ID:MxCAI9gxd
>>343
ラノベっぽい

357風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:53:13.38ID:c0gYsxGT0
>>343
くどすぎずドラマがあって好き

358風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:53:28.02ID:kCrL2YN60
>>333
反応を増やす
視点を増やす

359風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:53:46.97ID:jd0jCdkn0
>>348
英語で本読むんだね
かっこいいね

360風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:54:38.66ID:0bjkGOlG0
>>346
どれぐらい 〜 一瞬

ここ何の為に有るん?

361風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:54:41.84ID:r7akeE0la
ハリーポッターは英版で読んだやろ?

362風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:54:52.05ID:0mMpTQoIp
>>354
ええやん

363風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:55:00.36ID:Tc2jlK7A0
>>359
見苦しいからそのへんでやめときw

364風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:55:12.44ID:S9o+xB/q0
>>140
???

365風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:55:12.54ID:kCrL2YN60
>>354
ええやん

366風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:55:13.00ID:v+0SS89K0
>>359
本読むのにかっこいいもクソもないやろと思ったらお前アスペガイジやんけ
NGしとくわ

367風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:55:17.76ID:jnKTS/nO0
流行のコピペ
338 :名無しさん@1周年:2017/03/30(木) 14:54:46.87 ID:7l9BXliF0
低学歴って気持ち悪いよな
なんかズレてて認知力低くて変な奴が多い
そんな奴に限って劣等感と思考力の欠如から妄想持ちで高学歴はコミュ力がないとか思ってる
高学歴の作り話しかしないし

368風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:55:35.27ID:2ImFPnEc0
ハンターでレス検索かけたら案の定で草生えた

369風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:55:50.09ID:Xxk8L49D0
醜悪な化物の口が大きく開いた。奥にちらりと閃くものが見える。それは小さいが、紛れもない炎だった。
彼らは、死神の腕に首筋を撫でられた機分になった。
あの化け物の喉奥で赤く輝く炎が、今までどれほどの悲劇を生み出して来たか。
奴はこちらの考えを読んだかのように、口元に歓喜の笑みを滲ませる。そして、息を深く吸い込んだ。
これが、自分たちの運命だと言うのか?
その問いに答える声はなくーー彼らは次の瞬間に灰となった。

370風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:55:54.75ID:kQycL7MD0
なんJ民のよくいうアンチなろう的な物語ちょくちょくアップされるけど大抵つまらんかエタってるンゴ

371風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:56:11.57ID:YJPIW7ZMa
>>348
児童書のファンタジーwwww

372風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:56:18.16ID:ywOghDD5a
>>343
書いとるだけ文句言うだけのクソカス孤児ハゲより百倍マシ

373風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:56:18.40ID:jd0jCdkn0
>>366
格好つけてわざわざ英語の、っていったんだよね?

374風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:56:32.50ID:MxCAI9gxd
>>354
ユーモラスでええな

375風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:56:44.92ID:bx7WGG3ja
面白いのとただ恥ずかしいだけの文の違いってなんなんやろな

376風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:56:46.37ID:Ydccnr4e0
>>360
俺としては少年が逡巡した様子を書きたかった

377風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:56:55.34ID:O9I7/S1A0

378風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:57:15.84ID:Tc2jlK7A0
>>354
なろうっぽいな
ワイは好きやが

379風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:57:16.39ID:sconkRqP0
>>354
陽気なギャングすこ

380風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:57:31.18ID:vulOSK210
ワイとやたらプリクラを撮りたがる男
初めの印象はそんな感じやった
こんなワイでも慕ってくれる気風のいい男やなと
だがその男は女だった
ワイはその女から告白された
ワイは三日三晩の思慮の末、チンポに従う事にした
その女はすぐにワイとやりたがった
忘れもしない寮内のトイレの中
その女は男だった
ワイは女にされた

381風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:58:08.30ID:XYETgM1Tp
>>354
伊坂は読みやすくて良い

382風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:58:11.00ID:0bjkGOlG0
>>376
「仔犬を守るように置いて」は好きやで

383風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:58:21.97ID:LIRd4WAa0
>>1
くどいけどぶっちゃけそこまで酷いとは思わんわ

384風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:58:38.12ID:0alIJJF70
【悲報】ワイの仲間、化け物の吐いた炎に飲まれ無事全滅

385風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:58:44.39ID:KCk5LvExd
評論してるやつって文句しかいってないよな
批判しかしないキモオタっぽいよね

386風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:59:00.78ID:kwKuUFmZ0
>>334
「カナスピカ」の冒頭
作者はオーフェンの人やけど文芸誌に掲載したやつや
>>337はオーフェンの番外編のひとつ

>>354は作品名はわりと有名な「陽気なギャングが地球を回す」の冒頭

387風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:59:03.54ID:i+ln7Yfh0
>>354
これこいつの考えた即興のオリジナルなん?
そんならこいつ凄えよ

388風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:59:14.58ID:9t0/pdqK0
>>377
ああ読むのクッソだるいわ
本オタってこんなん一字一字じっくり舐め回すように目で追って頭にイメージ想像するんか
やっぱ頭沸いとるわ

389風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:59:21.44ID:O9I7/S1A0
>>333
絵を受け取らせる必要なんてないでしょ
書くことでテンポが悪くなる映像はそもそも必要ない絵だと思おう

390風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 06:59:40.57ID:LIRd4WAa0
 夜明けまえの暗闇に眼ざめながら、熱い「期待」の感覚をもとめて、辛い夢の気分の残 っている意識を手さぐりする。内臓を燃えあがらせて嚥下されるウイスキーの存在感のよ うに
、熱い「期待」の感覚が確実に体の内奥に回復してきているのを、おちつかぬ気持ちで 望んでいる手さぐりは、いつまでもむなしいままだ。


これはどうや

391風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:00:02.04ID:ywb+obNud
>>354
伊坂幸太郎やんけ!!!!!
陽気なギャングシリーズぐう面白いンゴねえ

392風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:00:09.58ID:qw1RbFLAp
>>373
お前ワタモテ大好きのガイジか?

393風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:00:11.22ID:NfZENZDB0
気にしはじめるとキリがないからちゃんと状況伝わってくればそれでいいよ

394風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:00:13.79ID:cbL53pOk0
>>388
極端に分かりづらい実例って書いとるやんけ

395風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:00:16.57ID:SFCvzMqLp
>>380
ホモは文才

396風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:00:19.93ID:Ydccnr4e0
>>343が目立ちすぎてワイの>>346が見られてない😭
酷評してくれや

397風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:00:24.64ID:Tc2jlK7A0
なろうでもピンキリ定期

398風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:01:28.41ID:v+0SS89K0
>>371

399風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:01:33.36ID:sBT+1/UBa
醜悪な化物の口が大きく裂ける。
↑化物は大抵醜悪なので、この形容表現は読者の想像力を狭める悪い形容

奥にはちらりと闇く、紅く輝く炎が見えた。
↑闇く=どういう読みか分からない
↑また闇くが炎にかかる形容ならば、読点は見えるにかかってしまうため不要
↑炎は大抵赤いので不要な形容表現
↑見えるときは輝いているため不必要

その喉から這い出たモノは今までどれだけの悲劇を巻き起こしてきたのか。
↑ここで唐突に語り手の意味ありげな考えが挿入されるが不要である

口元に歓喜を浮かべ、奴は息を大きく吸い込み、そして死を告げる炎を吐き出した。
↑歓喜を浮かべるという表現に違和
↑奴という代名詞を使う必要性を感じない
↑死を告げる炎が不要。死を告げるのが奴であれば、語り手の介入が過剰

死神の腕が仲間たちを抱きしめんと迫る。
↑炎を吐き出すという切迫するせっかくのシーンをカットしてしまうため、不要

運命と言うものがあるのなら、そんなもの捨て去りたい。
↑なぜか語り手は悠長に運命に思いを馳せるが、炎を吐き出すシーンを完全に間延びさせる無駄な文章

しかし現実は残酷だった。
↑同上。

運命から逃れることは叶わず、死の抱擁を受け--彼らは灰と変わった。
↑死の抱擁という表現が過剰である。炎に焼き尽くされる身に迫るシーンが、何故か灰に変わるという淡白な表現でしか記載されない。

400風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:01:41.06ID:ywOghDD5a
なろうってプロとか興味なく趣味で書き続けとるやつおるの?

401風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:01:43.17ID:r7akeE0la
>>377
大江健三郎やろなぁと思ってたらそうで草生える

402風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:01:57.83ID:sm0s5iMvd
「チューペットの消失」

チューペットが無くなって4度目の夏が来る。
念のために説明しておくと、チューペットというのは棒状の、真ん中辺りがくびれたポリ容器に入った飲料で、凍らせて食べるのも一般的だ。
私は長い間、あれは氷菓の一種だと思っていたので、飲料という説明にはやや違和感がある。
幼いころは夏が来るたびに食べていた。あのチューペットは2009年に生産中止になっている。

ところで昨年、「チューペットの生産中止」がインターネット上で話題になっているのを目にした。
私はそれで初めて生産中止のことを知ったので、来年から夏が寂しくなるなと思ったものだ。

それからもう少し調べてみて、実は3年も前から既にチューペットは作られていないのだと分かった。
毎年夏になれば類似品がスーパーに並ぶため、まさか既にチューペットが無くなっているとは思いもしなかった。
私と同じように、09年のニュースを12年になって知った人たちが、今発表されたばかりなのだと思い込んで悲嘆に暮れるコメントを寄せていた。

この出来事はさまざまなことを示唆しているように思う。
例えば記事の日づけに興味を持つ人は稀だということ。
一部の媒体は情報を常に真新しいものに見せること。
メジャーな商品であれ、パッケージに書かれている名前は読み飛ばされがちだということ。
チューペットが無くなっても、私の夏は3年間も寂しくはならなかったこと。

チューペットの消失は、私にとっての理想の死に近い。
死に際に姿を消す猫のように、まだどこかで元気にやっているかもしれないと思われたまま死にたい。
だが反面、思い出の商品が無くなったことに長い間気づかなかった寂しさもある。
死は悲しむべきか、そっと忘れ去るべきか。
チューペットはそんな疑問さえ投げかける。

河野 裕 (小説家)

403風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:02:08.23ID:Ias0g0vYp
そもそも>>343はストーリー付け加えてる時点でNGだろ

404風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:02:08.26ID:i+ln7Yfh0
>>396
まあええんちゃう
頑張ったら伸びるよ多分

405風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:02:09.10ID:0sOt2vxyM
このスレタイでマウント取るやつがおって草

406風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:02:25.65ID:jd0jCdkn0
>>399
だろ?意味不明だよな

407風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:02:48.75ID:ywOghDD5a
>>399
し、し、素人がなんかいうとる!wwwww

408風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:02:55.53ID:cqBoG71N0
>>403
あ...スマンかった

409風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:02:59.07ID:JJWq80+Od
かなり前に一つ作品書いてみようと思ってそれが二万字くらいに達したところで読み返してみたんだ
文法はおそらくほとんど間違っていないけれど正直ゴミみたいな作品になってしまっていた
高学歴なら人を惹き付けるような作品を書けるわけではないと実感した

410風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:03:21.82ID:c0gYsxGT0
>>396
中学生の作文みたい
状況説明しかないから「〜った」ばっかりになっとる気がする
けど書いてるだけ凄いと思うで

411風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:03:29.09ID:Tc2jlK7A0
>>403
>>343 が褒められてんのはネタやぞ……

412風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:03:31.77ID:O9I7/S1A0
>>390
存在感 にかかるのが

燃え上がらせる
嚥下される
ウイスキーの

と三つもかかってて意識が前の文章を思い出そうとしてしまって
読む速度が低下してよくない

413風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:03:42.38ID:Sh/eQHbm0
>>399
もうAIに書かせればええやん

414風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:03:56.77ID:f/JP4+43r
公開する度胸と続けられるやる気あれば立派なもんやろ
ここで意味なくスレ建てて下手下手言うだけで具体的にどこがどうダメなのか一切言わない奴らに比べれば

415風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:04:11.91ID:9t0/pdqK0
>>394
ホンマやすまん
でもこんなんばっかやろ小説って

416風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:04:14.24ID:ywOghDD5a
>>414
ほんこれ

417風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:04:14.47ID:pBeIufGL0
>>399
これ全部踏まえた上での文を読みたいな

418風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:04:24.32ID:LIRd4WAa0
>>412
詩的言語やぞ

419風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:04:53.70ID:ERSzfXI40
>>21
>上段がくる。
>(でも、おとりか…。)
>その通りだった。


ここのテンポ好き

420風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:05:29.37ID:cbL53pOk0
>>415
ちゃうで

421風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:05:49.07ID:Ydccnr4e0
>>410
このお題って少年の心情とか書き始めたらあかんのちゃうか

422風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:06:01.63ID:aOviARQia
化物の口が、大きく裂けた。口の中に炎が灯る。化け物は歓喜の笑みを浮かべながら大きく息を吸い込むと、炎を吐き出した。炎はまるで死神が獲物を抱きしめるかのように仲間達を包み込み、そして、灰だけが残った。

ゴジラみたいだなぁ。ふとそんなことを思った。父さんと映画を見に行ったっけ。これ見たら父さんビックリするだろうな、きっと。

しかし実物を目にした感動を噛みしめる間もなく、 画面の向こうから飛び出してきたような醜悪なドラゴンを前にした僕の足は、無意識のうちに化け物とは逆の方向へと一目散に駆け出していた。

自分で書こうとするとムズいな。

423風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:06:29.84ID:UVhoTeE00
いうてこれ仲間が全滅する山場やろ?
多少大袈裟というか回りくどいのはええやんと思う

424風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:06:37.56ID:c0gYsxGT0
>>412
あー文章はそうやってリズム作るんか
ほんま慣れんとごちゃごちゃになりそうだなー

425風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:06:37.83ID:KCk5LvExd
添削したり文書いてるやつに対して辛辣なやつおるけど
そいつらのお手間さ並みを拝見してみたいな
どうせ口だけなんだろうが

426風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:06:42.59ID:Tc2jlK7A0
>>414
底辺作者怒りのご高説www

427風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:06:48.46ID:eS6K9Svv0
形容詞に親でも殺されたんか…ってレベルの奴がちらほらおって草
無理せず報告書でも読んでいた方がええぞ

428風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:07:01.07ID:i+ln7Yfh0
>>423
その割には盛り上がりのない漢字やな

429風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:07:01.43ID:8MjWAxQia
小説書くのってたくさん小説読んでないといかんの?

430風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:07:26.17ID:r0dh12efK
闇く これなんて読むの?蠢くと間違えた?

431風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:07:37.86ID:mWh1Mq6rM
ほならね理論

432風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:07:45.61ID:pBeIufGL0
>>429
センスやろ
読んでても下手な奴は下手やし読んでなくても上手い奴は上手い

433風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:07:47.28ID:c0gYsxGT0
>>421
それこそ「作家性による」んじゃない?
元々正解なんてないやろ

434風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:07:47.29ID:0bjkGOlG0
>>425
そりゃ読むのと書くのじゃ違うし
漫画描けない奴でも面白いかどうかは分かるだろ

435風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:08:07.08ID:hJT2ZHUk0
>>429
野球選手だって練習せずプロになった奴なんかおらんやろ
おったら問題やぞ

436風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:08:11.71ID:Tc2jlK7A0
>>429
一般的にはそうちゃうの
引き込もってるとコミュ力低下するやろ?

437風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:08:13.22ID:jd0jCdkn0
>>422
ムズいというか
普通の小説なら

火を吹いた。

でおわりだからなあ

438風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:08:18.21ID:Gn3oTf10M
ワイが中2の頃に書いてた小説レベルやな

439風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:08:18.66ID:i+ln7Yfh0
>>429
見るだけで記者がプロ野球選手にはなれんやろ
自分で実際やってみんと

440風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:08:24.68ID:cqBoG71N0
>>429
読んでないに越したことはないけど最終的には数こなすのとやっぱり才能なんじゃね?

441風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:09:02.57ID:FZJLCGSu0
おっいい雰囲気だな
世界売上第二位にのソシャゲをすこれ
http://i.imgur.com/yqQDE2s.jpg
http://i.imgur.com/XrP5ksl.jpg

442風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:09:03.68ID:KCk5LvExd
>>434
態度だよ態度
評論するのはいいけどさあ無駄に煽るからな

443風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:09:04.18ID:1OwK120u0
文章力ってどこで養うんやろな
三島由紀夫とか子供の頃からすごかったらしいしやっぱ才能なんかな

444風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:09:15.46ID:Tc2jlK7A0
>>437
なんや普通の小説って(マウント

445風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:09:17.72ID:LIRd4WAa0
>>429
ジュネみたいにホームレスが突然才能に目覚めたみたいなガチの天才を除けば
大量に文章に浸ってなきゃまあ書けんわな

446風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:09:37.78ID:JZAK/Yzm0
結局文学も音楽も売れるのは大衆向けにレベルを下げたものなんだよね
ここの高尚な奴等にバカにされるものが一番売れる

447風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:09:38.95ID:cqBoG71N0
>>440
読んでるやわ

448風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:09:58.77ID:LIRd4WAa0
というか普通に意識の流れ使って一人称混ざればええんじゃ

449風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:10:27.67ID:1umoU0La0
>>429
天才なら本読まなくても面白いシナリオは書けるかもしれん
でも気の利いた修辞なんかは学習しないと身につかんやろ
あと自分で凄い話考えついたと思っても読書体験少ないと過去に同様の話が世に出てたとしても気づけないやろ

450風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:10:28.40ID:c0gYsxGT0
>>446
芸術じゃなくて商品だからなー

451風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:10:58.94ID:r0dh12efK
>>429
語彙力上げるためには本読んだ方がええな
説明文も上手くなるし
ただ会話に関しては本だけでは限界がある

452風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:11:08.46ID:/VAAmVK3a
>>17
ドラクエのかがやくいき全否定かよ

453風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:11:15.19ID:hGIn8QQu0
りょん君と初めて会ったのはリハーサルの日だったね。
最初はお互い初対面でぎくしゃくしたけど、独り暮らしで役に立つ料理を聞いたら簡単に作れるカルボナーラ教えてくれたね。(笑)
それが初めての会話。
二人とも性格が真逆でオレはガツガツ系で、りょん君は人見知り系。
だから最初あまり波長が合わなくて、時には喧嘩することもあったね。
二人で上野&新宿デートしたの覚えてる?
映司とアンクの髪型のままでどっちがバレるか競ったね。
結果は圧倒的にアンクだったけど(笑)
昼のお弁当も最初は全然食べなくてオレがよくりょん君の残り食べてたよね(笑)
あれから1年ちょっと
どれだけりょん君に教えてもらったんだろう。
どれだけりょん君と会話したんだろう。
どれだけりょん君と一緒にいただろう。
本当はもっともっと二人で居たかった。
りょん君には感謝しても感謝しきれないぐらいの想いがあって、
オレが道に迷いそうなときにはいつも隣にりょん君が居てくれたね。
りょん君がいない日の撮影は、なんかあまり調子が乗らなくて
やっぱりオレにはりょん君っていう相棒が必要なんだなって改めて思ったよ。
いつもは面と向かってこんなこと言えないけど本当に心から感謝してるよ。
最後に、こんなオレを1年間支えてくれてありがとう。

454風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:11:19.70ID:S91MbbvNa
化け物が大きく口を開く。その奥には赤い光があった。
炎。
避けなければ死ぬ、動かなければ。
焦がれる思考が体を動かす。しかし吐き出された炎にあっけなくそれらは焼き払われた。

455風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:11:23.71ID:9qAVjc5ua
絵を描いたり彫刻や何かの作品を一切作ったりしないで理論や歴史だけを勉強して美術作品を批評する美術批評家って職業もあるしまあ多少はね??
このスレの連中みたいに小説批評家って仕事もあってええんちゃうか

456風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:11:34.18ID:v+0SS89K0
>>427
>>1みたいなんはまだええ方やけど辞書引いて探してきたような言葉やとピンとこんしキラキラネームみたいな寒さがあるやん

457風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:12:14.33ID:LIRd4WAa0
>>455
あるで

458風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:12:20.35ID:0bjkGOlG0
>>442
言うほど煽ってるか?

459風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:12:28.70ID:c0gYsxGT0
>>455
すべからく胡散臭いけどなw

460風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:12:32.52ID:r7akeE0la
ウンコ文書いてるワイが言うのもアレやが、
・化け物が仲間の殺害を確信して、炎を吐いてる
・仲間は自身の死を確信していて、死ぬ

この2点抑えるのに、よくわからんナレと死神の腕とかいらなくないか?

461風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:12:39.53ID:9qAVjc5ua
>>457
そうなんか 知らなかったンゴ

462風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:12:44.03ID:pSDUMBdx0
>>259が一番スッキリしててええわ
というか変に残して改変せずに「化物が火を噴いて皆を灰にした」くらいの簡潔さが一番好き

463風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:13:10.76ID:1umoU0La0
天才以外は係り受けや主述の関係を意識しないと読みにくくなるからその辺も慣れと学習必要やな

464風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:13:11.50ID:i+ln7Yfh0
>>456
聞いた事ない言葉わざと混ぜて読者の意識をむけさすんやで

465風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:13:20.29ID:Tc2jlK7A0
>>458
もしかしたら自作の小説が晒されたんで癪に障ってんのかもしれんな

466風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:14:07.02ID:JjBlp33R0
>>326
誰か突っ込めよ

467風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:14:16.55ID:SCviyYwQ0
ところでイッチの出典てなんや?

468風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:14:23.36ID:1umoU0La0
>>460
状況にもよるやろ

469風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:14:24.04ID:ywOghDD5a
>>465
でも急に湧いて出てきて添削して消えてくのって何やこいつってならんか

470風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:14:57.17ID:v+0SS89K0
>>464
時々挟むくらいならええんやけどな
ラノベなんか2chにコピペされてるようなんしか読まんけど一つの文に詰め込み過ぎたら結局何言いたいんや?ってなるやん

471風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:15:59.47ID:fd3BXNLNd
>>443
三島由紀夫とか夏目漱石あたりは語彙力で文章に下駄を履かせようって感じがあんまりなくて、
ただただシンプルで分かりやすい日本語でしっかり書けてるのが本当にすごいと思う
漱石なんかは逆に漱石の書いた文章がその後の日本語のスタンダードになってるところもあるけども

472風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:16:18.97ID:9qAVjc5ua
世にでてるような小説だって出版社の連中に校正されてるやろ
ここの係り結びが変とか主語と述語の関係がおかしくなってるとか絶対指摘されてるとおもうんよ
せやから下手でも良いから何かしら小説書いて出版社に持ち込むなり文学賞に応募しまくったりして出版社や審査員の目にとにかく止まった奴が勝ちなんやないか??

473風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:16:19.04ID:Tc2jlK7A0
>>469
あの程度の批判を自分で「添削」とかほざいてる奴は失笑もんやけど
批判それ自体はよほどの暴言じゃない限り聞く耳持つべきやと思うけどな

474風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:16:35.09ID:Ydccnr4e0
醜悪な化け物の口が大きく裂けた。
一瞬、煌々と輝く炎が見えた。無意識に身震いした。見えたあれはいわば死神の鎌のようなものである。
化け物はそんな人間を意にも介さず、大きく息を吸い込んだ。
運命。そんなものが存在するのであるのであれば俺は口を大にして言うだろう。ふざけるな、と。そんなもの捨ててやる、と。
だが運命などあるはずもなく、仮にあったとしても俺の声は届かないだろう。
吐き出された烈火の咆哮が全てを包み込み、そして全てを灰に変えた。人間でさえも。

475風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:16:44.85ID:kCrL2YN60
アホっぽい文以上に考えるほど意味不明な状況になるな
めっちゃぼーっとしながら焼かれてそう

476風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:16:53.94ID:1umoU0La0
なろうにも上手いなあって思わせる作品はあるで
上位には皆無やけど

477風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:16:54.50ID:JZAK/Yzm0
評論家でも文壇でも喧嘩っ早い奴の方が目立つしな
辛辣な評論で作家と喧嘩してる方が側から見てて楽しい

478風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:17:07.46ID:A4nAlWkcp
>>472
良いこと言うやんけ

479風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:17:55.74ID:A4nAlWkcp
>>476
これはあるな
上位に近いほど糞中間くらいが秀でてるかなって感じやなお底辺はお察し

480風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:18:28.17ID:tdprLN15a
>>441
ぐうレジェ

481風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:18:45.53ID:ywOghDD5a
>>473
でもなんJでの批判ってイッチみたいに学歴翳して自分の文章は見せないガイジばっかりやからなぁ
そもそもここでコピペされて貼った文章を添削しても作者には見えんのやから意味ないやん

482風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:19:05.94ID:i+ln7Yfh0
>>476
なんでそんな事なんねん
上位どんなモンスターがおるんや

483風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:19:14.10ID:0mMpTQoIp

484風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:19:46.22ID:KfgNdNzh0
読めて面白ければなんでもええやろそれが最適解やと心底思う

485風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:20:00.52ID:9qAVjc5ua
君ら美術批評家とか向いてるんちゃうか 美大の大学院行けばそれ専門のこと勉強出来るで
学部が美術系じゃなくても美大の大学院は行けるし

486風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:20:04.72ID:1umoU0La0
新書で文章書くコツみたいなの解説しとる本結構あるけどなかなか役に立つのもあるで

487風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:20:04.82ID:qXDNLJdf0
文章力ゥ文章力ゥって鳴いて推敲に時間かけて挫折するワナビととにかく作品書き上げるなろう作家
成功するのはどっち?

488風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:20:22.35ID:SCviyYwQ0
>>441
度々ある矛盾で草生えるわ

489風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:20:23.21ID:kCrL2YN60
>>471
知に働けば角が立つ。
情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
とかく人の世は住みにくい。

ちょっと捏ねてる感じやけど表現自体はえらい平易で同感きわまる名文

490風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:20:34.06ID:c0gYsxGT0
>>482
読者は素人やし読みやすさとキャラがキャッチーなら上位になるやろ
玄人好みするもんは往々にして大ヒットはせーへんもんや

491風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:20:39.35ID:OuWyY4PEH
>>429
文才ある奴はそれもそこまで必要ないんじゃないか
http://fast-uploader.com/file/7060291857052/.jpg

492風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:20:54.23ID:mdtHqXuHp
>>487
後者だと思うが話がつまらなかったらお話にならないわ

493風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:21:08.59ID:nKlrCsbb0
「正しいアイコラの作り方」ってなろう作品は面白いで

494風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:21:16.90ID:Ydccnr4e0
議論してないでワイの>>474の評価してくれや😜

495風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:21:47.67ID:1umoU0La0
>>482
なろうは更新が頻繁なほうがポイント有利なんや
だから文章なんか最低限意味が伝わればいいレベルでも上に行ける可能性がある

496風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:22:09.93ID:OuWyY4PEH

497風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:22:12.76ID:Tc2jlK7A0
>>491
ゲイになる確率で草

498風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:22:16.29ID:mdtHqXuHp
>>494
>>1と大差ないで
とにかく雰囲気が伝わればいいラノベに推敲もくそもない

499風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:22:29.68ID:MQayTo370
>>463
才能ある奴って推敲前のダラダラ書いてるだけの段階で凡人が何回も推敲重ねたクオリティの文を平気で書く能力若い内から身に付けてるからな

この手のスレで信じられがちな読書や執筆の量こなせば上手くなるって風潮自体がまやかしやで
そういう努力した凡人はデビューしても生産力で追い付かないから結局数年も経たずに引退する奴ばっかりや

500風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:22:36.58ID:1umoU0La0
漱石の有名作品はどれも書き出しが決まってるわ

501風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:22:38.44ID:qXDNLJdf0
>>492
ぶっちゃけ面白い内容ってのも数書かないと身に付かないから
ゴタゴタ考えて短編一つ書き上げるのすら苦労する奴より量書いてる奴の方が面白いもん書く
ただし坂田は除く

502風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:22:39.47ID:cbL53pOk0
>>487
どっちも成功しないぞ

503風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:22:55.29ID:JZAK/Yzm0
村上春樹の比喩は巧みすわ
家族にだけ通じる温かい冗談とか、ショベルで砂を掬うように知識を吸収したとか
平易な言葉でわかりやすく伝えて来る

504風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:22:56.81ID:9qAVjc5ua
このスレ醜悪な化け物の口開きすぎやろ草生えるわ
どんだけ火を吐き散らすつもりや

505風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:23:16.01ID:0mMpTQoIp
>>487
坂 田 火 魯 志

506風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:23:41.53ID:Tc2jlK7A0
>>504
滑ってんで

507風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:23:55.09ID:UVhoTeE00
>>487
まずそのお前に都合のいい前提取っ払ってもらわないとまともな返事が出来ないな

508風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:24:01.80ID:sRkAy2jV0
なろうに自信ニキおるなら聞きたいんやけど
ラピスの心臓なみにおもろい作品ないんか?

509風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:24:20.86ID:r0dh12efK
獲物を前に化け物が口を大きく開く、その奥に見えるのは数多の冒険者達を葬った灼熱の炎。
死の気配が今この場所にいる全ての人間を包み込む

防御は不可能、生き残るには逃げる事しかない。
皆が生存本能に突き動かされ、動こうとしたその時、化け物が放つ無慈悲な炎が冒険者達をのみ込んだ。

主人公がどういう立ち位置かわからん

510風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:24:21.60ID:9qAVjc5ua
このスレ醜悪な化け物の口開きすぎやろ草生えるわ
どんだけ火を吐き散らすつもりや
>>506
すまんな

511風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:24:22.80ID:aIBpTwxQ0
片っ端から何から何まで描写するの嫌い
想像するのが楽しいのに作者のイメージに無理矢理引っ張られるのは気分悪いわ
どうでもいいシーンは緻密に、大切なシーンはある程度余裕を持たせてあるのがワイは好きや

512風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:24:45.23ID:ywb+obNud
>>1の書き直しやってみたけどぐう難しいンゴねぇ…

513風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:24:55.28ID:YjlfGXhq0
>>118
三島の愛の渇きじゃなかったか

514風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:24:58.65ID:8MjWAxQia
>>491
サンガツ!
小説読むのめんどいし、思うがままに書いてみるで!
異世界でリアルでファンタジーでSFで近未来的で民俗的でコメディでシリアスでミリタリーで日常的で官能的でプラトニックな奴書くで!

515風吹けば名無し@無断転載禁止(地図に無い場所)2017/09/07(木) 07:25:28.55ID:2UH7rgZ80
>>326

516風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:25:43.57ID:5ph0SfCO0
少年は雨の中を走り去っていった。
先ほどまで彼がしゃがみ込んでいた場所には、濡れた仔犬を守るように、小さな青い傘が置かれていた。

>>247は話付け足しちゃダメとかクッソむずいわ
何が正解なのかわからん

517風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:25:49.48ID:kCrL2YN60
>>497
めったに妊娠せんホモなんて含める必要ないのにな

518風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:25:54.73ID:GFH1I9j5a
ワイは>>1とか>>4とか好きやけどアカンのか?

519風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:26:13.88ID:O9I7/S1A0
>>514
それはもうある

520風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:26:16.06ID:JZAK/Yzm0
>>474
歴史小説チックな文体よな、細かく文章を区切っでて臨場感がでてる
ただ文体が冷静過ぎて感情移入しづらい印象を受ける

521風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:26:41.15ID:GW0HGUapa
醜悪な化物が口を大きく開いた。
奥から闇いモノがちらりと輝く。
その喉から這い出た赤い炎は今までどれだけの悲劇を巻き起こしてきたのか。
口元に歓喜を浮かべ、奴は息を大きく吸い込む。そして死を告げる炎を吐き出した。
死神の腕が抱きしめようと迫ってくる。
運命と言うものがあるのなら、そんなもの捨て去りたい。
しかし現実は残酷だ。逃れることは叶わず、彼らは死の抱擁を受けた。
--彼らは灰に変わってしまった。

推敲してみたけど元を知らんもんで誰の視点かがわからん文になってまった。

522風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:27:04.92ID:VUzKck3Od
久しぶりにお前の顔見たら やっぱ俺の気持ち 自分で良く わかった 嘘じゃないって
毛深いガチムチのカラダ 前よりずっと 男前になったよな
子供も出来て幸せそうに見えるけど 俺のことも 忘れてな いんだろ
俺が欲しかったら たっぷりくれてやるよ いつでも俺だって お前のケツが恋しい
前みたく 俺に甘えてこいよ 素直になって
「男同士でこんなこともう無理っす」 って泣きながら言ったよなゴツイお前を胸に抱いて めいっぱい お前の頭 撫でてやった 最後の夜
その後だったよ 最初聞いたときびっくりした お前が親父 になるって
お前を忘れようと わけもなくいろんな奴とやったけどやっぱお前が一番だった
お前のケツ お前のチンポ お前の毛深カラダ そして可愛い笑顔
全部 俺のものだ 今でも いつまでも
俺は待ってる いつまでも お前のいないこの部屋で

523風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:27:05.66ID:Cs3HPtIK0
 サンタクロースをいつまで信じていたかなんてことはたわいもない世間話にもならないくらいのどうでもいいような話だが、それでも俺がいつまでサ
ンタなどという想像上の赤服じーさんを信じていたかと言うとこれは確信を持って言えるが最初から信じてなどいなかった。
 幼稚園のクリスマスイベントに現れたサンタは偽サンタだと理解していたし、記憶をたどると周囲にいた園児たちもあれが本物だとは思っていないよ
うな目つきでサンタのコスプレをした園長先生を眺めていたように思う。
 そんなこんなでオフクロがサンタにキスしているところを目撃したわけでもないのにクリスマスにしか仕事をしないジジイの存在を疑っていた賢しい
俺なのだが、宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力や悪の組織やそれらと戦うアニメ的特撮的マンガ的ヒーローたちがこの世に存在しないのだというこ
とに気付いたのは相当後になってからだった。
 いや、本当は気付いていたのだろう。ただ気付きたくなかっただけなのだ。俺は心の底から宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力や悪の組織が目の
前にふらりと出てきてくれることを望んでいたのだ。
 俺が朝目覚めて夜眠るまでのこのフツーな世界に比べて、アニメ的特撮的マンガ的物語の中に描かれる世界の、なんと魅力的なことだろう。
 俺もこんな世界に生まれたかった!

524風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:27:17.39ID:Tc2jlK7A0
>>518
普通の感性やけど
スレの流れとしてボロカス言わなあかんで

525風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:27:25.87ID:0k62HLnKp
絵で描けば一発やん

526風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:27:53.55ID:kCrL2YN60
>>512
削るレスばかりやけど実は描写不足やと思うわ

527風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:27:54.60ID:Tc2jlK7A0
>>523
アニメ版の出出しぐうすこ

528風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:27:59.86ID:8MjWAxQia
>>519
こマ?
じゃあやめるわ!

529風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:28:19.37ID:ywOghDD5a
なんJに勝手に晒されて推敲されてるの草生える

530風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:28:46.98ID:hJT2ZHUk0
>>529

531風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:28:52.13ID:ZaRidW6Da
 大男は鼻歌を歌いながらバンのトランク開け、トランクの中からポンプアクションショットガンを取り出す。
 ポンプアクションショットガンの銃身を見つめ、片目を瞑ってポンプアクションショットガンを構える。
 大男は麻里亜に振り向き、ポンプアクションショットガンに弾を装填してゆく。 

532風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:29:07.53ID:ui+bikua0
昔「金髪のブルネット」って表現見てからもうどうでも良くなった

533風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:29:13.31ID:OuWyY4PEH
ラノベもそこそこマトモな作品はマトモな大学出てる奴ばっかだからな

534風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:29:22.02ID:gFMWJKORd
ガイガイ音頭と文章変わらんやん

535風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:29:47.35ID:DWLlLEJbp
訳わからんくらいぐちゃぐちゃな文章でも面白い海外SFって凄いわ

536風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:29:55.53ID:ywOghDD5a
いうてなろうって成人男性多いんやろ?

537風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:29:57.41ID:Acxq5n8Z0
ワイにも書けるやんかと思ってまうけど文章思いつかへんわ

538風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:30:05.71ID:sV7JhpRu0
ん?これいうほどおかしいか?
よく分からん

539風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:30:13.75ID:Ydccnr4e0
>>520
淡々と事実を言うように書きたかったからかサンガツ

540風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:30:32.62ID:kQycL7MD0
http://i.imgur.com/HmA7fLi.jpg

編集者「誤字だらけの文章直したらつまらなくなったぞ」

541風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:30:42.52ID:XFH6GFNn0
>>494
・大きく口を開けてるのに炎が一瞬しか見えないの何でなん?
・運命云々のところもっとスマートでいいんちゃう? セルフボケ突っ込みしとるように見えるわ

いちゃもんレベルですまんな

542風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:30:49.95ID:nKlrCsbb0
ラノベで一発逆転しようとしてるオタクが多いこと

543風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:30:54.71ID:1umoU0La0
化け物の強さ、凶悪さなんかを強調したいのか
仲間があっけなく死んでいく無情を強調したいのか
あるいは絶体絶命の状況でヒーローが助けに来る前段階なのか
前後のシチュによって適切な表現は変わるやろ

544風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:31:04.27ID:O49hONsNr
「よし、時間だ。行ってこい!」

 俺の声で、五人の手のひらはぐっと沈み。

「おおーっ!」

 そして、高く掲げられた。

 曲のイントロが始まる。
 スピーカーの音が胸を打つ。
 ステージのライトが明滅し、客席のライトは茜達の色になる。

 そして、五人は茜の掛け声に乗って光の海、歓声の波の内、輝くステージへと飛び出していく。

 俺はその姿を見つめていた。
 涙は流さない。きっと二度とは訪れないこの瞬間を、涙でぼかして観るなんて、勿体ないことをするわけには行かない。
 俺は五人の一挙手一投足を、一生忘れないように瞼に焼き付けた。

545風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:31:45.29ID:i+ln7Yfh0
>>517
妊娠おかんが怖い目にあうとホモになるらしい
おすぎとピーコのおかんが空襲にあったからホモになったて言ってた

546風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:32:39.06ID:hLj3o2tNa
>>247
少年が現れ、仔犬は雨から逃れる
傘は偽善であった。

ワテのはどうや🙌

547風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:32:52.24ID:OuWyY4PEH
>>545
そんなん嘘に決まっとるやろ
遺伝的にゲイの素因があっただけ

548風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:33:00.89ID:8MjWAxQia
このあらすじどうや?ワイが10年前くらいに思い付いたんやが

旅の青年行商人クラフト・ロランスは、商取引のために訪れたパスリエ村を後にした夜、荷馬車の覆いの下に眠る1人の密行者を見付ける。
それは「ヨイトの賢狼」ハロと名乗る、狼の耳と尻尾を持つ少女であった。

ハロは遙か北の故郷「ヨイト」を離れての放浪の中、パスリエ村の麦に宿った狼であった。
ハロは神と呼ばれ、長年村の麦の豊作に尽くしていたが、農業技術の進歩によってないがしろにされるのを感じ、望郷の念を募らせていた。
そしてついに収穫祭の日、通りかかった荷馬車の麦束に乗り移って村を脱出したのであった。

少女が狼の化身であることを知ったロレンスは、彼女を旅の道連れとした。
2人は行商の途中、様々な騒動に巻き込まれながら、ホロの故郷を目指して旅をすることになる。

549風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:33:02.19ID:Ydccnr4e0
>>541
ドラクエみたいな吸い込む動き想定したんや
運命云々は自分ではええと思ってるわ

550風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:33:30.17ID:UN/SQlb1d
なろうに作品乗っけてるワイ、毎回なろう系小説スレを見る度に微妙な顔になる😕

551風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:33:55.29ID:8tk5ZHCQ0
化け物の口が大きく咲けた。
喉の奥には赤く輝く炎が見えた。
奴の口元には歓喜の笑みが浮かんでいた。
息を吸い込み、炎を吐き出した。
死の抱擁が、仲間たちを包み、灰へと変えた。


抽象的な言葉をなるべく使わず、読者のイメージを刺激する具体的な言葉を使い、
主語の変更は、読者を混乱させるので、少な目にする

小説執筆の基本やで(メガネクイイイ)

552風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:34:00.66ID:UN/SQlb1d
>>542
あんなの仕事の片手間に書くもんやで🤔

553風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:34:01.60ID:LHn/+BuWp
>>544
なにこれスマップ?

554風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:34:04.84ID:hJT2ZHUk0
>>550
叩いた後にブクマ登録したるから晒せや

555風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:34:30.73ID:ywb+obNud
ひどく醜悪なその顔!
化物を一目見て、彼らは恐怖で動けなくなってしまったようだった。
化物はその様子を見て、満足そうに口許を吊り上げた。
牙の奥には橙の炎がちらついている。その光に仲間たちは身を固くする一方だった。
これではまるで炉にくべられるのを待つ木炭のようであったが、僕自信、動けなくなっているのではどうしようもない。

化物はいよいよ大きく口を開けて、火を吹き付けた。
一方僕は心のなかで仲間たちに別れを告げた。
化物を煌々と照らしていた炎が消えると、そこには小高い灰の山が残っていた。


うーん、どうやろか

556風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:34:49.71ID:C+Uatp/j0
がたん!――という一つの運命的な衝動を私たちの神経につたえて、午後九時十五分東京駅発下関行急行は、欧亜連絡の国際列車だけに、ちょいと気取った威厳と荘重のうちにその車輪の廻転を開始した。
多くの出発と別離がそうであるように、じつに劇的な瞬間が私たちのうえに落ちる。
まず、車窓のそとに折り重なる人の顔が一つひとつ大きな口に変って、それら無数の巨大な口腔が、おどろくべき集団的訓練のもとにここに一大音響を発した。あああ――あい!
というのだ。ばんざああい!
では、大きな声で『さよなら!』
さよなら!
そしてまた『ばんざあい!』
この爆発する音波の怒濤。燃焼する感激。立ちのぼる昂奮と人の顔・顔・顔。そして夜のプラットフォームに漂う光線の屈折――それらの総合による場面的効果は、ながい長い行程をまえに控えている私達の心臓をいささか民族的な感傷に甘えさせずにはおかない。

557風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:34:58.72ID:i+ln7Yfh0
>>531
 大男は鼻歌を歌いながらバンのトランク開け、中からポンプアクションショットガンを取り出す。
 銃身を見つめ、片目を瞑って構える。
 大男は麻里亜に振り向き、弾を装填してゆく。 
これで良くねえか

558風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:35:04.14ID:v+0SS89K0
>>550
趣味でやってるなら気にする事ないやろ
絵でも音楽でも下手クソでも楽しんでる奴はいくらでもおるし

559風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:35:34.94ID:clZUFMZ7M
なろうのコメ欄に現れるBRAVEとかいう奴がキモすぎる

560風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:35:41.12ID:hLj3o2tNa
ワイの評価してクレメンス

561風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:35:50.94ID:UN/SQlb1d
>>554
やめてクレメンス😇
現代異能もののブクマ1500ポイント前後とだけいっておくわ
あとは🤐

562風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:35:55.77ID:o0zfKwVfd
回りくどいけど言う程変か?

563風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:36:12.47ID:MCK6eL2wd

564風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:36:22.56ID:56EyySAep
文体模写し続けるだけで文章は完璧になるで
ストーリー書けない奴は何も書けないままやけど

565風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:36:35.51ID:eS6K9Svv0
>>549
この文体だと「だが、運命など〜ないだろう」の箇所は読点で繋がず別けた方がええで
あと「だろう」ではなく断定にするともっとかっこE

566風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:37:23.12ID:i+ln7Yfh0
>>540
この編集後記が名文だわ
朝ドラなるだけの事はあるな

567風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:37:30.07ID:aIBpTwxQ0
>>247
その傘は少年の手を離れ、濡れた仔犬に寄り添う。

とかでもええと思う
視点をどこに置くかで雰囲気ガラッと変わっておもろいよな

568風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:37:38.05ID:UN/SQlb1d
>>558
せやな
あそこはまともな文章書いても伸びずにアホテンプレとブクマ工作するだけでランキング載るからね🤔
趣味で書いてる奴の中には普通にうまいやつもおるのに勿体無いわ😟

569風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:37:38.83ID:xnd8K8GHd
「…もう、潮時のようですね」
ぽつりと、そう漏らしたのはエルフの女王エリンだった。エルフ特有の綺麗な瞳には憂色だけが浮かんでいる。
「マサツグ様、これ以上あなたにお仕えすることはできかねます」
「エリン、なにを言ってるんだ…?」
彼女の唐突な申し出に俺は呆気に取られてしまった。するとエリンのとなりに控えていた魔王、ラーラも口を開く。
「わしもじゃ。最近のマサツグ殿の振る舞いは目に余る」
「振る舞い、だと?」
一体こいつらはなにを言ってるんだ。俺の振る舞い? なにか悪いことをしたか? いや、していないはずだ。なのに、どうして。
混乱する俺に構わず、彼女たちは話し続ける。今度は精霊の神、シーだ。
「いくら元いた世界でいじめられていたとしても〜、それだけの理由で彼らを殺してしまうのはやりすぎよ〜」
嗜めるような声を聞いた瞬間、俺の中で何かが弾けた。
「お前に、何がわかる!」
突然叫んだ俺にシーたちは身を竦める。それを見てわずかに心が痛んだが、しかしもう止まらなかった。
「あのクズどもにいじめられていた俺の気持ちがお前にわかるのか! 毎日毎日毎日毎日毎日からかわれて殴られて馬鹿にされて…ここでようやく力を得たんだ。復讐に使って何が悪い!」
息荒く喋り終えて、ふと気づく。エリンやラーラ、シーが俺を見る冷めた視線。それは、元いた世界で俺がミヤモトたちから向けられていた視線と同じものだった。
その時、視界の隅にある少女の姿が目にはいる。
「り、リュシア…」
救いを求めるように、俺は彼女へ手を伸ばす。しかし、
「…すみません、ご主人様」
リュシアは俺の手から逃れるように一歩下がった。まるで、汚物をみるかのような目で俺を見ながら。ぴしり、と俺の中で何かが砕けた音がした。
「なん、で…! なんでだ! お前ら全員俺が救ってやったじゃねえか! 俺がいなけりゃなにもできなかったくせに、それなのに!この俺を捨てるのか! この無能ども!」
「ご主人様は…変わってしまいました」
悲しげに呟くリュシア。しかし、意味がわからない。俺が変わった? そんなけない。俺は昔から変わらない。そのはずだ。そのはずなのに。
「そこまでだ」
半ば無意識でリュシアへ歩み寄ろうとした俺の前に、突如一人の男が躍り出る。それは、そいつは、俺が何よりも思い出したくない存在だった。
「…ミヤモト?」
「久しぶりだな、マサツグ…」
俺を見下ろし、ミヤモトは悲しそうに笑った。

570風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:37:48.82ID:0J/o74oe0
>>230
はぇ〜

571風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:38:12.60ID:JZAK/Yzm0
叩かれても良いから作品を載せる奴の方が成功するのにな
下手に虚栄心だけ持ってる輩が一番醜い

572風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:38:16.28ID:sPSa+qPb0
>>548
マジでつまんなそう
元ネタの名前は知ってるだけにこんなので手に取って読もうとする奴の気が知れん
お前が気に入ってるなら自己流のあらすじプロモーションしてみせろ

573風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:38:17.92ID:UN/SQlb1d
>>569
マサツグ書籍じゃいないってマジ?🤔

574風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:38:34.96ID:kCrL2YN60
>>555
勢いよく吹き付けてるはずやのに灰が行儀よく溜まるんはおかしない?

575風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:38:35.49ID:UeqMKYmqM
>>247
雨の中、ズブ濡れの子犬の頭上に黒い影が立ち込める。

ワイの傘だった。

576風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:38:50.33ID:UN/SQlb1d
>>548
狼と香辛料ってタイトルが良さそうやね😇

577風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:38:53.15ID:cqBoG71N0
>>560
短い中でしっかりと感情が伝わってくる
個人的にその発想はなかった

578風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:39:15.88ID:qEJZR9+Br
大きく開かれた化け物の口の奥には、炎が暗く覗く。化け物は不気味な笑みを浮かべつつ大きく息を吸い込んだ。そのまま吐き出された灼熱は仲間達を包む。なんとか我に帰り視線を移してみるものの、仲間達がいたはずの場所に積もる灰を捉えるのが精一杯だった。

579風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:39:44.63ID:B1T60Ao20
と言うか君ら朝からよくこんなに文書読めるな すごいわ
頭パンクせんのか
このスレが落ちたあとは新聞も読むんやろ??

580風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:39:47.01ID:i+ln7Yfh0
>>563
賢者の孫の方は今日全部読んだで
かなり頭悪くなった

581風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:39:52.79ID:aAH8RsdKd
漫画とラノベを切り貼りしてくっつけただけの脈略のない感じ

582風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:39:58.18ID:ywb+obNud
>>574
仲間の数は書かれてないから5億人くらいいたってことでええんでない?

583風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:40:04.09ID:u4aRZigva
異様な姿をした化物の表情が歪む。その顔には化物の本性が滲み出てきたかのような醜悪さが見られた。
口から蛇の舌のような赤いものがちらちらと見える。次の瞬間、化物が大きく口を開き、それが舌ではなく炎であることを理解する。
息する間も無く化物は炎を吐き散らし、それに捕まった仲間の1人が死神に絡みつかれたかのようにもがき、抵抗するが、それも虚しくやがてその仲間は焼き尽くされ灰になった。

584風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:40:14.54ID:hLj3o2tNa
>>577
褒められるとめっちゃ嬉しいンゴ
短いのは頭悪いから長いの思いつかないだけやで👿

585風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:40:39.29ID:JZAK/Yzm0
>>546
短いのに情景が浮かんでくるし、文章自体も余韻を残した名文やわ、センスあるな

586風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:41:02.94ID:r0dh12efK
醜悪な化け物は口を大きく開いく、その奥に見えるのは数多の冒険者達を葬った灼熱の炎。
死の気配が今この場所にいる全ての人間を包み込む
防御は不可能、生き残るには逃げるしかない。
皆が生存本能に突き動かされ、動こうとしたその刹那、化け物が放つ無慈悲な死の炎が冒険者達をのみ込んだ。

論評頼む

587風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:41:37.81ID:Ydccnr4e0
>>565
サンガツ!
文章書くだけでも練習になるのに批評までしてくれるとか神スレやな

588風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:42:06.49ID:ywb+obNud
>>546
偽善ってことは誰か少年を見てる人が居たってことでええんか?

589風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:42:08.56ID:B1T60Ao20
すごいな君らは
ワイはいっつも何か書きたい作りたいと思ってはいるんやが批評で文句言われたりするのが怖くて踏み出せへんのや
こんなネットの隅っこでさえもそうなんや

590風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:42:18.47ID:Tc2jlK7A0
>>585 を見たあとに >>546 を読むと名文に見えてきた

591風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:42:46.58ID:hLj3o2tNa
>>585
センスあるってマ?
褒められすぎて不安になってきたわありがとやで

592風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:42:48.70ID:v/LmYYjdr
>>588
見てたのは読者か地の文でしょ

593風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:42:51.29ID:i+ln7Yfh0
>>589
レスバ出来んやないか

594風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:42:52.51ID:kCrL2YN60
>>588
手なずけて晩御飯にでもしたんとちゃうの

595風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:42:59.73ID:kQycL7MD0
>>589
批評貰えるのなんて稀やぞ何自分を過大評価してるんや

596風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:43:26.87ID:GFH1I9j5a
>>548
最後のほう飽きて名前そのままやんけ

597風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:43:42.61ID:Ydccnr4e0
>>589
文句言われるのはいいことなんやで
教師や親に怒られるようなもんや
ただ何事も鵜呑みにしたらあかんけどな

598風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:44:00.00ID:PkyxY1dY0
欲張りセットハラデイ

599風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:44:00.33ID:sQxhVq9j0
「異世界転生?」
「せやで」
この異形は一体なにを言っているのだろう。南寺英は頭を捻る。
飛び出た眼球は南寺を見つめるでもなく、頭頂の上で所在なさげに揺らめく。落武者みたいな髪もさることながら、全裸にカーキ色の肌、それに嘴じみた口はどう考えても人間離れしている。
「……なにジロジロみとんねん」
「あ、いや、すみません。ところで」
「せやで、お前は死んだんやで」
南寺は目を見開く。脳髄に走るのは驚愕と確信。そして、
「するとここは」
「死者の国や。少なくともお前にとってはな」
息を、呑む。
見渡す限りの木瓜畑に風が渡る。霧雲越しの蒼穹。
長閑な雰囲気にそぐわないだろう。死なんて剣呑。
「話戻すぞ。手短に済まさんとスレが落ちる」
「はぁ……?」
質感推し量りかねる嘴は不自然な方言を饒舌に語る。ここは冥府であるが、そもそも人の魂が長く留まるようには出来ていない。よって、南寺英には次の人生を異世界にて迎えて欲しい。
そして、此方からお願いするのだから勿論それなりの特典をつけると、冥府の民はどこまでが端か解らない口を吊り上げた。
一頻り話を聴き終え、南寺は聞くに連れて伏せっていった顔を上げた。
「あの、」
「ん?なんや」
「ひとつだけいいですか?」
南寺英は真面目な人間だった。世界を廻す科学を頼り、他人が信ずる宗教を尊重しできる今日日珍しい寛容な善人。そんな自分には洋々たる前途があったはず。
なのに、なぜ。過ぎし事実は変えられなくとも自我はなお残る今、知っておきたかった。
「なんで僕は死んだんですか?」
「そんなんワイが殺したんに決まっとるやろ。通学中のところを神の雷でビリーで」
は?
声なき声が頭蓋の内で反響した。
「正味、冥府の民ってのは退屈な仕事でな、楽しみといえばシーズン中と偶に現れる転生者の人生実況や」
「楽しいんやで?調子づいた餓鬼やいい歳こいたおっさんが手に余る力もらって謳歌する様は」
鋭き口角で泡を飛ばす。

600風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:44:10.25ID:v+0SS89K0
>>589
批判されるために書こうと思ったら逆に嬉しくなれるんちゃう?

601風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:44:13.47ID:B1T60Ao20
>>595
このスレの中での話や…

602風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:44:33.59ID:ywb+obNud
>>592
はえ〜、そういうことだったんすねぇ

>>594

603風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:44:37.63ID:sQxhVq9j0
「で、最後は破滅や。壁も苦難もないねん。なにしていいのか解らなくなるんねん。無様な終わりは十人十色。ほんま何度見ても飽きへんわ」
大道芸人が作るバルーンのような目の中で、黒い虹彩が弾む声に同調するように線になって笑う。運命にされるがままな哀れなる魂を嗤う。
「でもな、ほんまたまーーになんやで転生素質のある魂ってのは現世で見つけても死ぬまで待たなあかん」
そんで、異形は言葉を切り、初め奇妙な眼差しで南寺を刺した。
「まてるか、アホ。だから生きてるうちに殺した。ジャップは踊り食いが得意やからわかるよなぁ?」
冥府いるのは誰だ。答えを死者とするなら自明だ。だが、もう一ついるだろう。
「すまんな。でも次があるから頑張ってワイを楽しませるんやで」
悪魔。
人を嘲笑い、運命を玩弄し、輝ける全ての敵。
南寺英は寛容な善人であった。
だからこそ。
こいつだけはいつか必ず殺そうと決意した。
狂った頭が狂い切るまで拳で打ち据えてやる。ふざけた容姿を金属バットで横薙ぎにぶち飛ばしてやる。黄ばんだ身体は小汚いし、燃やして消毒しなくては。
悪意、悪意、悪意。
怒りからくる激情で脳裏が黒く塗りつぶされる。涙は視界を濁らせる。
二次元的な思索も三次元的な視覚も煮えたぎる坩堝に混ぜてしまえ。一次元の線だけが波と角を打ちつつ明滅する。
そこで目蓋の幕引きはプツリと始まり、舞台は異世界ジュピターへと切り替わる。

604風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:44:59.47ID:60XDcCa5a
>>153
化け物の口が大きく裂ける。
奥にちらりと炎が見えたが、奴が空気を吸い込むために身体を仰け反らしたため見えなくなった。
存分に溜め込んだ空気を炎と共に吐き出す瞬間、笑顔を浮かべた様に見えたのは、せめて笑顔で看取ってやろうという奴の親切心か、それとも醜い顔のせいだろうか。
それを確める間もなく彼らは灰となった。

どうや?

605風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:45:09.64ID:GFH1I9j5a
ベイスターズナインは怪しい者を見る目つきで俺を睨んでいる。
佐伯が怪訝そうな顔をして尋ねた。
「前進守備…?なんだそれは。確かにあのとき、いつもより守備位置を前にするようには言われていたが。」

俺は唖然とした。
「なんと…前進守備を知らないのか。
いいか、9回同点で1死満塁。ここは何としても抑えきらなければならないという場面だな。
ここでゴロ性の打球が一塁へ向かった。こうだったな。」

「そうだ。そして当然俺は一番近いアウトを取るために一塁ベースを踏んだ。」

なんと、これでも野球ができるのか。だが無理もない。
何せここは勝利という一般的には何よりも優先される目標を完全に度外視し、
究極のエンターテインメント性のみを追求してきた、『ベイス・ボール』の世界なのだ。

「ちょっと待ってほしい。一塁へ向かいたい気持ちもわかる、しかしだ。
ここで捕ったボールを一塁ではなく、ホームへ投げたとしたらどうなる?」
俺がこう問うと、一瞬、周りの空気が止まった。

その数秒後、辺りは感嘆の声に包まれた。

「なんてことだ!本塁に投げれば相手に点をやることなくアウトを取れるじゃないか!」
「おい、それにフォースアウトを取った後、バッターランナーをアウトにすることもできるぞ!凄いなこれは!」
「そうか!守備位置をいつもより前に置いたのも、本塁のアウトを取りやすくするためだったんだな!」

606風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:45:11.90ID:hLj3o2tNa
>>588
見てる見てない関係なく少年の行動そのものが偽善やぞ

607風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:45:31.48ID:DN1I6amx0
醜悪な化け物の方が大きく開き、その奥からは赤黒い光が覗く。
瞬間、口から炎を吐き出した。

しまったーーーー。

いきなりの行動に反応が遅れた。
なんとかすんでの所で炎を躱す最中、仲間達の方を仰ぎ見る。
彼らは灰へと変わっていた。

背景がわからんからだいぶスッキリしたんやがワイはこんな感じやな。

608風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:45:45.35ID:Tc2jlK7A0
>>599
それ今考えたんか?
普通におもしろいわ

609風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:45:58.77ID:aIBpTwxQ0
>>546
傘を偽善の象徴として書きたいならあえて傘って単語を使わない方が詩的でワイは好きやなぁ

濡れた仔犬は、少年がそっと置いた偽善により雨を逃れる。
みたいな

610風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:46:04.99ID:JZAK/Yzm0
>>586
表現がシンプルで情景が伝わってきやすい、一読して頭の中でイメージが広がるのは名文の条件やね
冒険者達と全ての人間と皆と、同じ対象を違う表現をするのが個人的に気になるのと、
最初の一文体言止めしてるんやけど、灼熱の炎を修飾してる文字数が多過ぎて中途半端な印象を受けるな

611風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:46:10.13ID:oAJgvNB10
>>599
けっこうすき

612風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:46:12.91ID:sQxhVq9j0
>>608
前に貼られたやつコピペしただけや

613風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:46:20.88ID:u4aRZigva
文章って流れやから前後がないとわけわからんな
スタートもゴールも分からんのにどないもできん

614風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:46:42.68ID:ywb+obNud
>>606
マ?
子犬に傘をあげる行為が偽善なら善ってなんや

615風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:46:46.49ID:cqBoG71N0
>>589
結局誰の為に書いてるかってことや
ワイの場合は自分勝手に書いてるだけやで
だから批判されて当たり前やけど、それでもわざわざ読んでくれるんなら嬉しいやん?

616風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:46:47.50ID:Ajt2TUqbp
部屋で物思いに耽っている最中ならともかく
バトル中?なのに考え事多過ぎ

617風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:46:49.37ID:cGDECNt7M
>>1
普通じゃね?

618風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:46:59.83ID:ywb+obNud
>>599
これすこ

619風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:47:04.83ID:Tc2jlK7A0
>>612
あの文章をコピペしたろと思う段階でセンスあんで

620風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:47:46.75ID:LQWaQ+Trd
>>1
う〜ん25点!w

621風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:47:52.98ID:cGDECNt7M
こういうのって雰囲気重視でしょ
ふぉっくすこんこんとか言われる方がきつい

622風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:48:12.82ID:+/euOmcW0
そもそもなろう作家ってなんなの?

「俺にでも書けそう」って、素人に毛の生えた連中がなんとなく手出してるだけだろ?
プロなめんなよ

623風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:48:23.15ID:hLj3o2tNa
>>609
それもええなと思ったけどわかりにくくなるからやめたわ

624風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:48:35.76ID:aIBpTwxQ0
>>614
というか仔犬に傘をやることが偽善と思ってるのは他ならぬ少年やとワイは思う

625風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:49:24.00ID:DvHqBoWV0
>>153
醜い化け物が火を吹き仲間を焼き払った

626風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:49:48.14ID:v/LmYYjdr
世にでた短文ならこれがほんま素晴らしい


ロッチナの手を逃れたキリコを待っていたのはまた、地獄だった。破壊の跡に棲みついた欲望と暴力。百年戦争が生み出した、ソドムの街。悪徳と野心、退廃と混沌とをコンクリートミキサーにかけてぶちまけたここは、惑星メルキアのゴモラ。
次回、『ウド』。来週も、キリコと地獄に付き合ってもらう。


食う者と食われる者、そのおこぼれを狙う者。牙を持たぬ者は生きて行かれぬ暴力の街。あらゆる悪徳が武装する、ウドの街。ここは百年戦争が産み落とした惑星メルキアのソドムの市。キリコの体に染みついた硝煙の臭いに引かれて危険な奴らが集まってくる。
次回、『出会い』。キリコが飲む、ウドのコーヒーは苦い。

627風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:49:49.83ID:r0dh12efK
>>610
サンガツ
確かにせやな、ダンジョンのボス部屋ぽいのを勝手に想像してたわ
くどい説明の方がええかと思ったけど文字数多すぎか

628風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:49:59.50ID:FRpIUTrt0
ワイ田舎民、道端の子犬に傘あげたら通行の邪魔になる気しかしない・・・

629風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:50:36.62ID:aGCKzo++a
醜悪な化物が、喜色に歪んだ口を開いてゆく。
その奥にはらんらんと紅い炎が輝き、見る者に一瞬先の悲劇を想起させる。
化け物は息を大きく吸い込む。口腔の底で炎が揺れ、ついに吐き出されたそれは死の宣告そのものだ。
迫る炎を前に、彼らの心を占めたのは死の運命から逃れたいというただただ素朴な欲求だったが――しかし現実は一切合切を分け隔てなく飲み込んでいく。
あとに残ったのは真っ白な灰だけだった、

630風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:50:38.81ID:ywb+obNud
>>624
悩み多き年頃やね

631風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:50:49.82ID:diYvkZ0Dd
>>628
邪魔やと思った人が拾ってくれるかもしれんからセーフ

632風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:50:54.34ID:i+ln7Yfh0
>>628
そんなとこなら立派な野犬に逞しく育つやろ

633風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:51:21.28ID:pkbyVoWvd
>>621
三人が横一列に並び、ケミンの合図で歌がはじまった。

「「「よっこらふぉっくす こんこんこん♪」」」

 可愛らしく精いっぱい明るい声で三人が歌い始める。
 両手を前に伸ばし腰を落として上下に激しくシェイクしながら右に左に体を揺らす。

「「「尻尾をふりふり こんこんこん♪」」」

 次は元気よく回転して背中を向け、腰に手をあて、しっぽを振りながら腰を振る。

「「「耳の先だけ くっろいぞ♪」」」

 しゃがんで狐耳に手を当て上目使い。

「「「尻尾の先は しっろいぞ♪」」」

 体を半身にして尻尾を手でもちあげ先を見せつけてくる。

「「「よっこらふぉっくす こんこんこん♪」」」

 サビらしく冒頭と同じ振りだ。

「「「もふもふふかふか こんこんこん♪」」」

 背中を向けて尻尾と腰を振る。

「「「こーーーーん♪」」」

 最後は全員でおもいっきり飛び跳ね、心底楽しそうに叫ぶようにして終了。
 その、なんというか、すっごく可愛い。もう可愛すぎて理性が飛びそうだ。

634風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:51:24.10ID:foTUM8Yip
状況全く書けないケータイ小説と
とりあえず無駄に長い心理描写っぽいもん入れて行数稼いだろのなろうはどっちがマシなのか

635風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:51:26.49ID:1umoU0La0
ホモコピペなら仕舞ってあるんだぜ。のやつが一番文章力高いと思うわ

636風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:51:33.74ID:ywb+obNud
>>633
もう草

637風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:51:51.28ID:8tk5ZHCQ0
>>622
プロがイキりだした業界はたいてい落ち目になるで
「最近の日本人はアニメばっか見てる!」とイキり出した映画業界とかそうや

638風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:51:53.86ID:diYvkZ0Dd
>>633
待ちくたびれたわ

639風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:51:56.39ID:hLj3o2tNa
雨に打たれる仔犬に傘だけ掛けて放置するのが優しいことだと思ってる奴多くてワイ困惑しますよ
少年を肯定的に描写する理由がわからんわ

640風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:52:23.41ID:ywb+obNud
だれかよっこらふぉっくすの添削頼むわ

641風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:52:42.50ID:XYETgM1Tp
>>599
ええな続き読みたいわ

642風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:52:44.76ID:qXDNLJdf0
>>633
これは天才じゃないと書けんやろ

643風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:52:45.18ID:aIBpTwxQ0
エロいわけでもなくただ可愛いだけで理性飛ぶとかガイジかよ

644風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:52:50.02ID:XFH6GFNn0
>>549
ごめんあと大にするのは口じゃなくて声や

こんな風にしたらという話をしたかったんやけど
ワイの文章力だとこんな風にしかならんかったわ
――――
化け物の口が大きく裂け、息を大きく吸いこむその刹那。
瞬いた紅蓮の煌めきに、人々は無意識に身を震わせた。
まるで、死神の鎌を突きつけられているかのような、
圧倒的な死の恐怖がそこにあった。

やがて放たれた炎が、あわれな犠牲者たちを焼き尽くすその瞬間が訪れるまで、
彼らは運命を呪い続けた。

流れた悔し涙が乾き、辺りが再び静寂に包まれた頃。
未だ燻る真っ白な灰が、竜の羽ばたきに紛れて散っていった。

645風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:52:56.48ID:m+5iz0Sra
>>603
おもろいンゴねぇ、転生させた存在をラスボスとして最初に据えるのは上手いわ

646風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:52:56.99ID:hLj3o2tNa
>>640
そんなんしたら白紙になるで

647風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:53:06.61ID:1umoU0La0
>>633
これの動き文章に忠実にお絵かき機能で書いたやつハラデイ

648風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:53:29.56ID:WQ1nhO6+0
>>75
よっ!ノーベル賞作家!

649風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:53:46.12ID:m+5iz0Sra
こう言うのって比喩直喩の割合どれくらいがええんや?

650風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:53:47.05ID:XYETgM1Tp
よっこらふぉっくすは気持ち悪すぎて定期化してるけど別にそんな悪くない文章やろ

651風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:53:52.96ID:eYdW1cVBM
なんJのゴッホすき

652風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:53:53.50ID:FRpIUTrt0
>>639
傘かけてやったら犬はいい人だと思って後ついてくるからな
結果、傘だけがその場に残って少年と子犬は濡れながら歩く羽目になる

653風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:53:56.01ID:kCrL2YN60
まあターゲットによって比喩したりせんかったりは分かれるやろ
まんま炎でもええし深紅とか何とか置換してもかまわん
ちんこにしたってストレートなペニス以外でも怒張とか剛直とか書かれるやん

654風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:54:04.98ID:8MjWAxQia
>>637
アマチュアがプロ面し出した業界もそうやな

ラノベ業界なんて典型だよな

655風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:54:27.19ID:1umoU0La0
>>650
よく読んでみ
雰囲気だけで動きの表現滅茶苦茶やで

656風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:54:35.31ID:8tk5ZHCQ0
>>633
ぶっちゃけこれは悪くない文章やと思うで
読んでて恥ずかしい文章はつまらない文章より100倍ええわ

657風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:54:51.85ID:u4aRZigva
>>637
実際映画業界なんかアニメ業界の奴隷に鞭打つような環境と比べたらヌルいやろ
キツイとこでクオリティ上げるために必死で鍛えられた集団とぬるま湯に使ってた連中の差が今のアニメと映画の差やと思うわ

658風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:54:56.18ID:pkbyVoWvd

659風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:55:16.10ID:C+Uatp/j0
ゴッホの文章って上手いよな
というか画家の文章ってええわ
伝える目的がはっきりしてるからかもしれんけど

660風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:55:36.94ID:5ph0SfCO0
これもしかして>>1は仲間だけ焼かれてんのか
喉の奥の炎見えてるから語り手もろとも全滅のイメージしてたわ

661風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:56:16.27ID:JZAK/Yzm0
>>627
いやくどい説明は良いのよ、ファンタジー系はこってりとし描写の方が世界観に相応だし、炎の持つ凶悪さが伝わってくる
ただ、灼熱の炎で文章を締めて、折角臨場感を出してるのに、
その前に描写が多いとその臨場感が失われるなと感じた

662風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:56:27.43ID:ywb+obNud
>>655
キングゲイナーのダンスに上下運動つけたみたいな感じでええんやろか

663風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:56:56.69ID:i+ln7Yfh0
>>655
なるほど分からん

664ぐるまる ◆VgUB77V/L6 2017/09/07(木) 07:56:57.52ID:TrpvHtQZr
>>250文章書くのうまい

665風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:57:00.67ID:UN/SQlb1d
>>656
なお売上

666風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:57:12.38ID:kCrL2YN60
>>660
自分が醜悪な怪物説

667風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:57:12.95ID:Tc2jlK7A0

668風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:58:00.72ID:GFH1I9j5a
>>621
両手を前に伸ばし腰を落として上下に激しくシェイクしながら右に左に体を揺らす。

https://i.imgur.com/IhhZwJf.jpg

669風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:58:28.33ID:cqBoG71N0
>>666
一気に神作に見えてくるからやめて...

670風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:58:50.04ID:JZAK/Yzm0
よっこらふぉっくすは可愛い全振り過ぎて、取り敢えず可愛いってのが伝わってくるのはある意味作者の意図通り
きのこに影響されてか知らんが難しい表現や慣用句を使った文章が増えたな

671風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:58:55.86ID:m+5iz0Sra
>>662
わかりやすい

672風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:58:56.69ID:8MjWAxQia
アマチュアレベルの原作が大量生産されて
震災後増えたアニメ会社が粗製乱造を繰り返して今のクソみてーなアニメ業界になってしまってる

673風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:59:02.73ID:6skHE+8jM
朝っぱらからアフィスレが伸びてて草

674風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:59:25.97ID:WQ1nhO6+0
>>140
これ戦っているの一文だけじゃダメだったのだろうか

675風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 07:59:34.72ID:WayHwHt3d
君らほんとなろう好きやな

676風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:00:28.04ID:nACVQJULM
醜悪な化物の喉奥に、闇く輝く紅蓮が見えた。
あの炎が今まで巻き起こしてきたであろう数多の悲劇が嫌でも想起させられる。
大きく息を吸い込む奴の姿には、確かな歓喜が伴っていた。
吐き出された炎が、死を告げる。
運命への恨み言も仲間達の身体も、全てが死神の紅い腕に抱きしめられ、ただ灰だけが残った。

677風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:00:37.71ID:qEJZR9+Br
傘を差す少年の小さな体は、ずぶ濡れの子犬を放っておく罪悪感など抱えられるはずがなかった。


ワイ渾身の出来や

678風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:00:41.93ID:JDPzFC4Va
そうだ、分かっておるだろう。これが我だ。 波旬に特殊な能力など必要ない。 
時を止める?修羅を率いる?万象、宇宙の星を操り、永劫の回帰を繰り返す? 
なんだそれは?なんなのだ?なぜそんなに小賢しい。弱いから、つまらぬから、物珍しげな設定をひねり出して、頭が良いとでも思わせたいのか?せせこましい、狡すからい。 
理屈臭く概念概念、意味や現象がどうだのと、呆れて我は物も言えぬわ。 
それで貴様ら、卵を立てたような気にでもなっておるのか。 
能力の相性?馬鹿臭い。力を使う際の危険要素?阿呆か貴様ら。 
そんなものに囚われるから、超深奥に――座に届かない。 
質量の桁が違えば相性などに意味はなく、使用に危険を伴う力なぞは単なる使えぬ欠陥品だ。 
少し考えれば稚児であろうと分かることを、己の矮小さを正当化するためにみっともなく誤魔化しておる。 
やりよう次第で、弱者であっても強者を斃せるとでも言うように。 
そのほうが、さも高尚な戦であるかのように演出して悦に入る。 
嘆かわしい。くだらない。なんと女々しい。男の王道とは程遠い。 
絶望が足りぬ。怒りが足りぬ。強さにかける想いが純粋に雑魚なのよ。 
貴様らのごとき、小理屈をこねる輩が横溢するようになって以来、圧倒的というものがとんと見当たらなくなってしまった。 
ゆえに波旬われが生まれ、太極てんを握った。徹頭徹尾最強無敵。誰であろうと滅尽滅相――力、ただ力! 
この不愉快な塵めらを跡形残らず消し飛ばす力が欲しい。 
波旬の宇宙は波旬だけのものであろうがよ! 
ゆえに特殊な理など何も要らん。必要ないのだ。白けるわ! 
これをつまらんと思うなら、それはそやつがつまらんのだ。 
能無しどもが、熊を素手で撲殺する程度の膂力もない分際で、際物めいた一芸さえあれば山をも崩せると迷妄に耽りおる。 
救い難い無知蒙昧。恥を知らぬ滓の群れども。要らぬ要らぬ、実に目障り!汚らわしいのだ我に触れるな。 
なあ、分かるだろう。畸形嚢腫よ

679風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:01:02.43ID:8tk5ZHCQ0
>>672
プロレベルの原作が減って
良アニメが減ってるのが問題の本質やな

アマチュアレベルの原作やクソアニメが量産されても誰も困らん
むしろ消えたらアニメ業界潰れて困る

680風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:01:13.77ID:53j/puqN0
なろうの本編より

あらすじの紹介文が誤字脱字が多いのが許せん
頭がオカシイ

681風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:01:23.82ID:eS6K9Svv0
よっこらフォックスはダンスの振り付けを文章に落とし込もうとしている時点で草生えるのに
これをどの作品にも捩じ込んでくる逸話まであるから卑怯やわ

682風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:02:53.49ID:ywb+obNud
よっこらふぉっくす添削しようとしたけど無理やったわ
なんやこの文章

683風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:03:03.21ID:m+5iz0Sra
地の文ってしつこい方がええんか?
基本会話の方がやりやすくない?
ちなSF系執筆しよる

684風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:03:29.53ID:hLj3o2tNa
よっこらふぉっくすもここまで有名になった点を見ると名文なのかもしれんな

685風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:04:12.87ID:60XDcCa5a
>>639
少年目線で書くと少年は良いことしたって思ってる以上そうなるやろ
まぁ少年を否定するならこうか?

「この間ね、仔犬が雨に濡れていたから傘あげたんだ!」
そう嬉しそうに話す少年を、彼の担任である私は冷めた目で見ていた。
傘をあげたから何だというのだ。濡れて冷えた身体を拭くこともせず、餌も与えなければ、いずれ風邪をひいては飢え死にするだけだ。
仮に、誰かに拾われても命を救ったのはその人だ。少年ではない。
ただ否定するのも可哀想だから私は「それは良いことしたね」と言って褒めてあげた。

686風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:04:18.56ID:/H+RQkqL0
>>683
そら漫画脳の人には会話主体のが書きやすいよ
でも会話主体にしたいのにジャンルはSFって無理があるだろ

687風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:04:22.91ID:wvU/CItiM
>>140
ディーネに他力本願

688風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:04:25.99ID:sPSa+qPb0
>>677
拾って帰るんやろなあ

689風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:04:31.62ID:HVdLTyKda
>>633
「よっこらせっくす」は「よっこらせ」に掛かってるけど
「よっこらふぉっくす」は「よっこらせっくす」にしか掛かってないからな
作者は股間をおっ勃てながら書いたんやろ

690風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:04:40.08ID:kCrL2YN60
>>683
会話は便利やけど偏重すると逃げやと思う

691風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:05:06.55ID:eS6K9Svv0
>>683
そりゃ口語は日常でもよく触れるしな
作風によりけりだけどSFは伝えるべ情報量が多いやろうからくどいときついで

692風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:05:10.91ID:DN1I6amx0
よっこらふぉっくすの場合どんなダンスか文に落とし込む必要はないやろ、可愛いダンスってのが伝わればいいと思うが尻尾振ってるくらいの情報でいいんちゃう

693風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:05:51.81ID:qXDNLJdf0
>>683
そんなん作家の個性の問題やろ
比喩や修飾ねじ込みまくってなんの話してるのかわからんなるのもあれば淡々と起こったことを書くのもあるし

SFやとSF的な見慣れん光景を読者に伝えなあかんからさっぱりした文章になることが多い印象やな

694風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:06:00.21ID:m+5iz0Sra
>>686
何故?比喩がそんなに必要か?

695風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:06:03.79ID:i+ln7Yfh0
>>684
文章は生き物やからな
人の目に触れると輝く

696風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:06:27.89ID:8tk5ZHCQ0
>>683
分量というより きちんと整理されてるかどうかが問題やと思うわ

ひとつの段落の中で話題があっちにいったりこっちにいったりするとワケわからんくなるわ
長い段落でもひとつの話題についてじっくり解説・描写してると読むのも苦にならん。

段落の一番最初と最後だけ読めばだいたいのストーリーの流れについていけるのが理想やな

697風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:06:28.90ID:JZAK/Yzm0
>>683
SFの種類にもよるが、良いSFはバックボーンがしっかりしてる分地の文が多くなる傾向にないか?
それを会話文だけで描写しきれるのなら良いが
機械仕掛けのオレンジとかが例か

698風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:06:39.71ID:Mjcn1vwZd
このスレの文章力に自信ニキの文軒並み人を馬鹿に出来ない出来で草ァ!
ラノベの読み過ぎちゃう?

699風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:06:53.65ID:BDK4RJDCa
文章力って所詮好みで判断するものだからなぁ
なんでもゴミ認定すると揚げ足取られること多いからやりたくないわ

700風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:06:56.72ID:wvIezYE20
ラノベって全部こんなもんやろ

701風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:06:58.63ID:kCrL2YN60
>>668
とどめを刺すんやで

702風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:07:18.85ID:eS6K9Svv0
>>692
必要ないし入れても稚拙なのにぶち込んでいく姿勢が拘りやリビドーを感じるからある意味ではアマチュア小説の正しい姿やと思うで
死ぬほどキモいけど

703風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:07:31.70ID:/H+RQkqL0
>>694
地の文主体だと何で比喩大事にしたことになんのよ

704風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:07:47.72ID:0XIqnv/Md
みんなの言ってることも分かるけどなあ
情景を文字で伝えたいんやから表現が多いのも当然やろ
削ぎ落として削ぎ落として読みやすいだけの文章見て面白いか?

705風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:07:50.19ID:hLj3o2tNa
>>685
少年によるだろうけど自分のやってることが偽善ってわかりそうやけどな
連れていきたいけどいけないから罪滅ぼし的な感情で傘置いてったと解釈したわ

706風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:07:53.69ID:cqBoG71N0
よっこらふぉっくすっていう語感がもう気持ちええ^〜

707風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:08:41.44ID:KzmdywNCr
>>353
好き

708風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:08:51.79ID:hLj3o2tNa
>>695
文章は生き物ってええ言葉やな

709風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:08:56.73ID:kCrL2YN60
>>705
生き物苦手のやつでもおびき寄せるのに優しくしたりするやん
それやろ

710風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:09:33.46ID:ucYOdEZ40
まあ書いてみればなろうのすごさわかるけどな

711風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:09:45.89ID:m+5iz0Sra
>>703
すまんな、いつも地の文書いても素っ気ない事実しか書けないから悩んでたんや

712風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:09:52.99ID:JZAK/Yzm0
>>704
一理ある、平易すぎる文章は小説じゃなくて脚本やしな
映画やらゲームやら娯楽が氾濫してもなお小説が消えないのは、その不恰好さにあるんやろうね

713風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:10:19.06ID:BDK4RJDCa
>>704
ネット小説ならそれが正しいだろ
文章の正しさは読む人の層と小説のジャンルで変わるもん

714風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:10:26.44ID:i+ln7Yfh0
>>708
レイブラッドベリの受け売りや

715風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:10:31.05ID:8tk5ZHCQ0
>>704
迫りくる炎を死神の鎌をイメージして読んでたら
次の瞬間には死の抱擁ってことになってて頭が混乱するんやで
書きすぎも良くない

716風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:10:48.61ID:kCrL2YN60
>>710
ふにょふにょの粗チンが競い合うようにさらされてるようなもんやからな
メンタリティすごいで

717風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:10:58.48ID:sPSa+qPb0
>>704
どれだけ情景に凝っても
主人公ピンチ!そこにかつてのライバル登場!「俺が認めた腕ならその程度の相手楽勝だろ?」
の熱量に及ばんのも事実やで

718風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:11:03.74ID:RtTlZsuFx
よっこらセックスのパクリじゃねーか

719風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:11:09.14ID:Q47kP2O50
https://i.imgur.com/LNxokr2.jpg
https://i.imgur.com/RnQutH4.jpg
ラノベのコミカライズって文章の映像化が難しいと思うのよ
なろうはいろいろ大雑把

720風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:11:41.46ID:/H+RQkqL0
賢者の孫の漫画バカにする人多いけど、あれ小説とまんま同じだろ
忠実に漫画化してるわ

721風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:12:21.01ID:A2/xnr/fp
>>720
両方馬鹿にしてる定期

722風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:12:34.52ID:ywb+obNud
>>719
ほんと草

723風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:12:36.08ID:cqBoG71N0
比喩表現って用法用量を守って、更に読み手に考えさせず意味を理解させなアカンから難しい...

724風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:12:51.30ID:hLj3o2tNa
>>719
ラノベ原作の漫画ってシリアスシーンでも描写間抜けすぎてギャグに見える

725風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:13:37.72ID:/H+RQkqL0
>>711
SFは説明しなきゃならないこと多いから自然にそうなるよ
そこ解決するには会話主体だろうが地の文主体だろうが文章力全体的に上げるしかないな
楽したいなら説明の要らないテンプレ世界にするのが早いが

726風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:13:40.12ID:m+5iz0Sra
ところでゾンビとか、東京グールとかの生物的などうしようもない本能が関係してくる作品ってどういうジャンルなん?

727風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:13:55.57ID:cGDECNt7M
てかなろうに負けるプロラノベ界がゴミすぎって話やろ

728風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:13:59.72ID:ywb+obNud
>>720
忠実すぎるんだよなぁ…

729風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:14:16.03ID:m+5iz0Sra
>>725
おかのした

730風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:14:23.69ID:Mjcn1vwZd
>>719
タイトル教えてクレメンス

731風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:14:29.65ID:cGDECNt7M
>>726
うーん
現代ファンタジー?

732風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:14:50.28ID:i+ln7Yfh0
>>720
作画がもうちょい良かったらまだ見れたと思う

733風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:15:13.03ID:ywb+obNud
>>726
グール自体はローファンタジーに分類されるんやない?

734風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:15:39.56ID:MQayTo370
>>719
これ知らんけど言うほど変か?

735風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:15:54.51ID:bX+uk6sWa
>>723
こういうやつって直喩と隠喩しかレトリック知らないよな

736風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:16:16.54ID:ywb+obNud
ゾンビ自体はモンスターパニックやろけど
でも生物的にどうしようもないってのはテーマの部分やろしなぁ

737風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:16:23.38ID:8tk5ZHCQ0
>>730
たしか忍者物の「バジリスク」ってアニメの続編のマンガやで

738風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:16:25.51ID:RtTlZsuFx
>>732
なろうコミカライズでトップクラスに見れる作画なのに・・・

739風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:17:04.25ID:LpBAbBXQK
>>719
何で大好きからのボンになるのかさっぱり解らないw

740風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:17:16.81ID:ywb+obNud
>>737
アニメ化するらしいな
スロットの演出なくなったんやろか

741風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:17:31.31ID:B1T60Ao20
実際この中に文学部の国文学科出身の奴ってどれくらいおるん???

742風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:17:39.08ID:bX+uk6sWa
>>471
三島がシンプル?
あいつなんか雰囲気出すためにそれっぽい形容詞無理やりつけまくったゴチャゴチャした文章の見本やん

743風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:17:55.80ID:8tk5ZHCQ0
>>726
スペキュレイティブ・フィクションちゃうか

744風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:17:59.31ID:Cnbw5Akg0
>>1

醜悪な化物の口が大きく裂ける。
その口元にはこれから起きる惨劇への期待と喜悦が滲んでいた。
喉から漏れる炎の深紅は、仲間たちの死を濃密に彩っている。
恐怖にすくむ仲間たちを前に、俺は祈らずにいられない。
化物の腹が大きく膨らむ。
――運命など捨て、逃げ去ってくれ。
しかし現実は残酷だった。
俺の祈りもろとも、すべては炎に焼かれ、残されたのは灰だけだった。

なるべくイッチのエッセンス残してみたけど助長だったやろか。

745風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:18:01.69ID:cqBoG71N0
>>735
せやな

746風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:18:07.70ID:/H+RQkqL0
今は賢者の孫より村人ですが何かの方がキツイ

747風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:18:52.67ID:dXS5fdhRa
>>746
なんな似たようなタイトルなかったっけ

748風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:19:11.45ID:Cnbw5Akg0
>>744
4行目の「仲間たち」は「彼ら」にしとけばよかったわ。

749風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:19:13.21ID:bX+uk6sWa
>>390
この100年間で最高の冒頭
未だこれを超えるのって読んだことないわ

750風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:19:25.76ID:C+Uatp/j0
>>711
飯描写足すとか

751風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:19:40.43ID:B1T60Ao20
実際この中に文学部の国文学科出身の奴ってどれくらいおるん???

752風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:20:09.01ID:BDK4RJDCa
お前らに宮沢賢治読ませたらボロクソに言いそう

753風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:20:39.53ID:cqBoG71N0
>>752
カプカプ笑うからセーフ

754風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:20:53.27ID:8tk5ZHCQ0
>>752
わたくしといふ現象は
假定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です
(あらゆる透明な幽霊の複合体)
風景やみんなといっしょに
せはしくせはしく明滅しながら
いかにもたしかにともりつづける
因果交流電燈の
ひとつの青い照明です
(ひかりはたもち、その電燈は失はれ)



何言うてんねんこいつ

755風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:20:53.39ID:l2qbtUre0
ワイ趣味ss、地の文書けるだけ尊敬する

756風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:21:05.71ID:TesAj8Ki0
>>719
桜花忍法帖って言うほどラノベか?

757風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:21:08.32ID:qXDNLJdf0
>>752
この手のスレやとプロの文章を貼って叩かせるのがテンプレやぞ

758風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:21:14.73ID:RqPl/Pn40
>>737
他人の褌で相撲を取るなっちゅう話ですよ

759風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:21:53.10ID:XFH6GFNn0
>>741
国文も近現代と中近世でジャンルが別れてそれぞれ全然違うことやっとるし、
近現代もどういうアプローチで作品を読みといていくかを学ぶ場やから
あんま関係ないと思うで
経済学部とかの方が本読んでる気がするわ

760風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:22:42.03ID:m+5iz0Sra
>>750

761風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:23:01.49ID:6iteDccL0
ワイプロ作家、高みの見物

762風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:23:01.77ID:B1T60Ao20
>>759
わかるわそれ
ワイ国文学科出身やが全然本読んだことないわ

763風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:23:14.94ID:seuBLloQa
syamuがピラミッドの頂点付近にいるコミュニティ

764風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:23:22.40ID:MQayTo370
>>757
有名な文豪だって全集1行1行探せばsyamuレベルの駄文書いてる所だって絶対にあるから釣りとして全く意味無いんやけどな
駄文濃度がsyamuは99%なのに対して文豪は1%以下ってだけの話で

765風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:24:07.84ID:ywb+obNud
>>763

766風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:24:35.21ID:KzwjPUnZ0
wjnの記者の文才の高さが分かる

767風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:25:21.49ID:ywb+obNud
阪神首脳陣をチクリ

768風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:25:42.39ID:9+lTxt6fM
>>221
この頃はきのこは良かったなぁ

769風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:26:24.38ID:cqBoG71N0
>>767
昨日、一昨日のザマならしゃーない

770風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:26:57.92ID:bX+uk6sWa
正直小説において文章が読みやすいとか読みにくいとか一番どうでいいことなんだよなあ
センテンス単位じゃなくて段落単位でもなくて章単位で考えろ

771風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:27:48.35ID:LEPjLnytM
syamu「バケモノのね、口がぁ〜、見えますね。はい、バケモノの口、バケモノの口が見えます。
その奥にはぁ…火、火ですかねあれ、火が見えます、皆さん火が見えますよぉよぉよぉー↑↑↑」

772風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:27:51.87ID:Tc2jlK7A0
>>770
なに言ってだこいつ

773風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:28:00.85ID:9+lTxt6fM
>>354
伊坂の文体はなろうでも受けそうやわ

774風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:28:44.53ID:HWzcIbYc0
>>764
syamuさんは代名詞に親を殺されただけであって文章自体は死にたくなるほど酷いわけではないぞ
せいぜい自殺を選択肢に入れるレベルの酷さや

775風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:28:45.72ID:ywb+obNud
>>770
ジャンルによるやろ…
文章がすらすら読めない推理小説はゴミや

776風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:29:26.02ID:BDK4RJDCa
>>247
「焼いて食べたら絶対うまい」
いつもの帰り道にてダンボールに入れられて一匹の子犬を見て僕はそう呟いてしまった。
土砂降りのせいか、その子犬から泥やうんこのような異臭がひどい。けどその匂いこそが僕の食欲をそそるのだった。なぜだかわらかないけど!
「レアにすべきかミディアムにすべきかそれとも……」
やばいやばい、妄想もこのへんにしとかないとさっきからヨダレがとまらなくて脱水症にでもなっちゃいそうだ。
早くにナタでこの犬を散り刻まないと。
でもどうしよう?
こんな臭い犬を持ち帰ったら怒られる。そのためにも飽きた

777風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:29:57.57ID:T3TopP6Ad
>>776
くっさ

778風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:30:08.33ID:cqBoG71N0
>>774
代名詞に親殺されたって表現最初に考えた奴スゲーな

779風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:30:31.60ID:XFH6GFNn0
>>762
演習とかで読まされる分、趣味として脳が受け取ってくれなくなるんかね

まれに読むときも、在学中は経済とか法とか他学部の本ばっか読んどったわ

780風吹けば名無し@無断転載禁止2017/09/07(木) 08:31:39.76ID:hPhkfkeXp
描写と状況の温度がとても不釣り合い
というか根本的に描写をわかっていない

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています